フェムケア

デリケートゾーンは何で拭く?除菌シートはNG!その6つの理由とは 

デリケートゾーンの拭き取りに除菌シートを使えるのか、考える女性の画像。

デリケートゾーンのムレやにおい、かゆみなど気になりますよね。
ウォッシュレットを使えない時に活躍するのがウェットシート。
そのシートに除菌シートを使ってよいのでしょうか?
この記事ではデリケートゾーンに除菌シートを使ってよいのか、どのようなシートを使うのがよいのか、について詳しく解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

デリケートゾーンに除菌シートは使える?

デリケートゾーンを拭くウェットシートに除菌シートを使おうとしていませんか?

それはNG

デリケートゾーンに除菌シートを使ってはいけない理由は次の通りです。

除菌シートがNGな理由

  • アルコールが入っている
  • 刺激が強い殺菌剤が入っている
  • デリケートゾーンのpHと合っていない
  • 乾燥しやすくなる
  • シートの素材が刺激になる
  • トイレに流せない

デリケートゾーンケアで大切なことについてこちらの記事で詳しく解説しています。

デリケートゾーンの悩みはニオイ(臭い、におい)、かゆみ、かぶれなど。デリケートゾーンのケアで大切なことは弱酸性のスキンケアで優しくケアすること。デリケートゾーン専用のボディウォッシュ(ボディソープ)やウェットシート、膣洗浄液、オーガニックナプキン、吸水ショーツなどについて解説します。
デリケートゾーンのケアで大切なこと

続きを見る

理由1 アルコールが入っている

多くの除菌シートには高濃度のアルコール(エタノール、エチルアルコール)が配合されています。

デリケートゾーンは実は、顔のまぶたよりも皮膚が薄い部分なのです。

アルコールは脱脂力も強く、刺激も感じやすい成分です。

また皮膚表面の常在菌まで殺してしまう可能性もあり、肌環境が正常に保たれなくなる恐れもあります

除菌シートをデリケートゾーンに使うのはやめましょう。

理由2 刺激が強い殺菌剤が入っている

前述のアルコールにも関連しますが、除菌シートにはアルコールの他にも防腐剤としていくつかの殺菌剤や抗菌剤が配合されています。

例えばこれらの成分は化粧水などの顔用のスキンケア製品に配合されることはほとんどありません。

デリケートゾーンも顔用のスキンケアと同じくらい肌への優しさを考えたいですよね。

除菌シートをデリケートゾーンに使うのはやめましょう。

理由3 デリケートゾーンのpHと合っていない

デリケートゾーンの周囲の皮膚は弱酸性に保たれています。

これは膣内で乳酸桿菌が乳酸を作り出すことによって弱酸性になっています。

デリケートゾーンのケアには弱酸性の商品を使うのが鉄則

例えば、ボディソープとしてアルカリ性の石鹸を使用している方は要注意。

デリケートゾーンの肌環境に悪影響を与える可能性もあります。

除菌シートはデリケートゾーンに使用することは想定されていないため、pHも弱酸性であるかは判別できません。

除菌シートをデリケートゾーンに使うのはやめましょう。

理由4 乾燥しやすくなる

アルコールが配合された除菌シートは脱脂力が強く、お肌に必要な潤い成分まで取り去ってしまいます。

除菌シートはお肌に潤いを与えるものではないので、乾燥感を感じやすくなります。

除菌シートをデリケートゾーンに使うのはやめましょう。

理由5 シートの素材が刺激になる

ウェットシートに使われるシートの素材には、化学繊維やコットンなどいくつかの種類があります。

除菌シートには強度の高いレーヨンなどの化学繊維が使われることが多いです。

デリケートゾーンにはお肌にやさしい天然コットン100%の素材がおすすめです。

またデリケートゾーンの角層は薄いため、摩擦に弱い部分です。

除菌シートのような凹凸のあるエンボス加工の不織布は必要以上にお肌をこすってしまい、傷つけてしまう可能性もあります

除菌シートをデリケートゾーンに使うのはやめましょう。

理由6 トイレに流せない

デリケートゾーン用のウェットシートはトイレで使用することが多いと思います。

使った後はトイレで流せる方が便利ですよね。

除菌シートはトイレに流せるものはほとんどありません

トイレに流したい場合は、「トイレに流せます」という表示があるものを選びましょう。

デリケートゾーン用拭き取りシートの選び方のポイント

デリケートゾーンには専用の拭き取りシート(ウェットシート)を使いましょう。

デリケートゾーン用のウェットシートにはいくつか種類があります。
目的や使用シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

デリケートゾーン用のウェットシートを選ぶ時のポイントは3つあります。

選び方の3つのポイント

  • シート素材
  • ポ包装形態
  • 薬液

デリケートゾーン用ウェットシートの選び方についてこちらの記事で詳しく解説しています。

デリケートゾーンを拭くシート(拭き取りシート)を使う女性の画像。デリケートゾーン用のウェットシートにはいくつか種類があります。お肌に合ったものを選んでデリケートゾーンをケアしましょう。
デリケートゾーン用拭き取りシートはいつ使う?種類・選び方のポイントとは

続きを見る

まとめ

除菌シートはあくまでも除菌用に作られたもの。除菌専用に使いましょう。

デリケートゾーンは専用の拭き取りウェットシートで拭くのがおすすめです。

デリケートな部位にあったものを選んで、快適に過ごしましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-フェムケア
-, , , , ,