フェムケア

デリケートゾーンのケアで大切なこと

デリケートゾーンの悩みはニオイ(臭い、におい)、かゆみ、かぶれなど。デリケートゾーンのケアで大切なことは弱酸性のスキンケアで優しくケアすること。デリケートゾーン専用のボディウォッシュ(ボディソープ)やウェットシート、膣洗浄液、オーガニックナプキン、吸水ショーツなどについて解説します。

最近注目のフェムケア。

デリケートゾーンのケアをしたいけれど、何から始めたらよいかわからないという方もたくさんいらっしゃいます。

デリケートゾーンはその皮膚特性からもとても繊細な部位。
間違ったケアをしてしまうと、かえって症状を悪化させてしまうこともあります。

今回は、デリケートゾーンのケアを始めてみたいという方へ、デリケートゾーンのケアで大切なことについて解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

デリケートゾーンのケアは必要?

この記事を見られている方はデリケートゾーンのケアを始めてみようかなと思われたり、すでに始めているけれど肌に合わない、本当に効果があるのかわからないという方もいらっしゃると思います。

デリケートゾーンの悩みは

  • におい
  • ムレ
  • 黒ずみ
  • かゆみ
  • かぶれ

など様々です。

デリケートゾーンは、実は顔よりも角層が薄く刺激に敏感な部位です。

そんな敏感な部位であるのに、下着やナプキンとのこすれによる摩擦、ムレ、生理中の経血やおりものによるにおいなど、過酷な環境にさらされています。

膣内は乳酸桿菌によって乳酸が産生され、弱酸性に保たれています。

膣の外、つまりデリケートゾーン(VIO)も膣内ほどではありませんが肌環境は弱酸性になっています

これがホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどによって弱酸性環境が崩れると肌荒れの原因になってしまいます

外陰部の皮膚はひだなどで入り組んでいるため、洗いづらく汚れが溜まりやすい部位でもあります。

汚れが落としきれていないと、経血やおりものなどのタンパク汚れが酸化して、臭いのもとになってしまいます

デリケートゾーンの肌環境を考えた専用のスキンケアを使って臭いや肌トラブルのケアをしましょう。

デリケートゾーンのケアに大切なこと

特に敏感な部位であるデリケートゾーン。
どのようなケアが必要なのでしょうか?

このようなケアをしていませんか?

  • からだ用のボディソープでゴシゴシ洗っている
  • 少ない日はナプキンやおりものシートを交換しない
  • お風呂上がりはタオルでゴシゴシ水気を拭き取る
  • かゆい時でも薬は使わない
  • 脱毛後は何もつけない
  • 締め付け感のある下着をつけることが多い

実はこれはすべてN Gケア

からだ用のボディソープでゴシゴシ洗っている

背中など角層がぶ厚く、皮脂が多い部位は洗浄力の高いボディ用のソープを使わないと汚れをきちんと落とすことができません。

でもデリケートゾーンは角層がとても薄いところ
洗浄力の強いボディソープを使ってしまうと必要なうるおいまで洗い流されてしまい、乾燥して肌荒れやかぶれを起こしやすくなってしまいます。

デリケートゾーン専用のボディソープがおすすめです。

また市販のボディソープの中には石鹸ベースのアルカリ性のものもありますがデリケートゾーン周囲は弱酸性なので、避けた方が良いでしょう。

少ない日はナプキンやおりものシートを交換しない

経血やおりものが少ない日はナプキンやシートが汚れていないからとつけっぱなしにしていると、ムレによってかぶれやすくなります。トイレにいくタイミングでこまめに取り替えるようにしましょう。

お風呂上がりはタオルでゴシゴシ水気を拭き取る

デリケートゾーンの角層は目元よりも薄いことがわかっています。

タオルでゴシゴシこすると角層が傷ついて肌荒れの原因になることもあります。

優しく上から押さえるようにして水気を拭き取りましょう。

かゆい時でも薬は使わない

かゆい時にがまんは厳禁。

かゆみが起きているということはお肌に炎症が起きているということ。

スキンケアでは治すことはできません。
フェミニーナ軟膏など市販薬を試してみることをお勧めします。

かゆみの原因は様々です。

皮膚が触れたものが原因である接触皮膚炎であればボディソープなどの化粧品、下着、ナプキンなど原因と考えられるものを変えてみるもの一つです。

市販薬を使ってみたり、原因の除去をしても改善しない激しいかゆみは感染症である可能性もあるので、早めに皮膚科を受診しましょう、

脱毛後は何もつけない

最近はVIO脱毛をされる方も増えています。

脱毛後にステロイドなどを処方された場合は医師の指示通りに塗布しましょう。
処方薬がない場合は、低刺激性の保湿剤を塗ると良いでしょう。

脱毛後は一時的に炎症が起きている状態です。
グリチルリチン酸2Kなどの抗炎症成分が配合された医薬部外品の保湿剤がおすすめです。黒ずみが気になる方は美白効果と抗炎症作用があるトラネキサム酸が有効成分となっている美白乳液も良いでしょう。

締め付け感のある下着をつけることが多い

下着やナプキンとのこすれはデリケートゾーンの肌荒れや黒ずみの原因の一つです。

できるだけ肌に優しい素材のものを選びましょう。

最近はオーガニックコットン使用のナプキンなど肌にやさしい素材のものも出てきています。

デリケートゾーンのケア製品の種類

昨今のフェミテック、フェムケアブームで、デリケートゾーンケア製品が続々と発売されています。

様々な種類があるので、目的や使いやすさで取り入れやすいものから試してみると良いでしょう。

  • 月経カップ・ディスク
  • 吸水ショーツ
  • シンクロフィット
  • オーガニックナプキン
  • 膣洗浄液
  • ウェットシート
  • ボディソープ
  • 保湿化粧水・乳液
  • バストケアクリーム

デリケートゾーンケア製品の選び方 6つのポイント

デリケートゾーンケア製品は注目分野だけあって、商品の数も多くなってきています。

どちらかというと大手よりは新規参入系のメーカーが多いのも特徴です。

どれを選んだら良いのか、選び方のポイントをご紹介します。

デリケートゾーンケア製品の選び方
6つのポイント

  • 摩擦が少ない使用感や剤型
  • デリケートゾーンの肌環境を考えた成分
  • ニオイケアもできる
  • 弱酸性
  • アルコールフリー
  • パッチテスト済みまたはアレルギーテスト済み

デリケートゾーンの肌環境を考えた成分について、おすすめの成分をご紹介します。

おすすめの成分

配合目的成分名
整肌成分乳酸、乳酸桿菌発酵液
肌荒れ防止  グリチルリチン酸2K
保湿成分グリセリン、ヒアルロン酸、スクワラン
抗酸化成分ビタミンE
ニオイケアカキタンニン
美白成分トラネキサム酸

おすすめのブランド

デリケートゾーンケアのおすすめのブランドをご紹介します。

定番なら:サマーズイブ

ドラッグストアの生理用品コーナーなどで見かけるラベンダー色の容器がサマーズイブです。

アメリカ生まれのブランドで、ボディウォッシュは使用感だけでなくコスパも◯。

サマーズイブについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

デリケートゾーンのフェムケア・フェムテックで人気のサマーズイブ フェミニンウォッシュ。ラベンダー(紫)、ピンク(オレンジ)、イエロー(黄色)があるけれど、どっちがいい か違いを考えている女性の画像。
サマーズイブ フェミニンウォッシュどっちがいい?ラベンダー・オレンジ・イエローの違いを解説

続きを見る

香りで選ぶなら:アイムラフロリア

I'm La Floria

特別なケアをしたいならアイムラフロリアがおすすめ。

定番のローズとは一味違う、イヴピアッツェローズイヴピアッツェローズはみずみずしくフレッシュで清潔感のある香り。
まるで花束をもらった時にふわっと香る、そんな幸せなひとときを感じられる香りです。

心まで満たされるようなスキンケアタイムを感じられます。

トータルケアするなら:iroha イロハ

ボディソープから保湿ローション、乳液、ウェットシートまで揃っているのがiroha。一つのブランドで揃えたいという方におすすめです。ボディウォッシュは精油由来の香りでリフレッシュ感も高くて◯。

プチプラなら:ロリエかソフィ

デリケートゾーンケア初心者はウェットシートから入るのもおすすめです。

トイレに流せる水解性のシートはデートやお出かけの時にも。

まとめ

デリケートゾーンのケアを始めるならデリケートゾーン専用のボディウォッシュやウェットシートから使ってみるのがおすすめです。

デリケートゾーンの肌環境を考えた成分が配合された弱酸性のスキンケアでお肌に優しくスキンケアをしましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-フェムケア
-, , , , , ,