フェムケア

サマーズイブ フェミニンウォッシュどっちがいい?ラベンダー・オレンジ・イエローの違いを解説

デリケートゾーンのフェムケア・フェムテックで人気のサマーズイブ フェミニンウォッシュ。ラベンダー(紫)、ピンク(オレンジ)、イエロー(黄色)があるけれど、どっちがいい か違いを考えている女性の画像。

デリケートゾーンケアで人気のサマーズイブ。

プチプラでデリケートゾーンのケアを始めたいという方にぴったりのブランドです。

でもフェミニンウォッシュにはいくつか種類があるので、どれを選んだら良いのか迷ってしまうという方もいらっしゃいます。

今回はサマーズイブのボディウォッシュであるフェミニンウォッシュについてその種類や違いを詳しく解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

サマーズイブ ボディウォッシュの種類

Summer' s Eve(サマーズイブ)はアメリカ生まれのデリケートゾーンケア専門ブランド。

女性衛生分野におけるパイオニアブランドとして1972年に生まれ、日本には2013年に上陸しました。

でも当時はまだデリケートゾーンケアが浸透していなかった日本国内でも、地道な普及活動を続け、現在はアメリカだけでなく日本でもシェアNo.1になっています。

海外ではデリケートゾーンのケアは当たり前。日本はまだまだ意識が高いとは言えないのが現状です。

デリケートゾーンのケアを始めるなら、まずはボディウォッシュから取り入れてみるのがおすすめです。

サマーズイブはお値段も手頃でドラッグストアでも手に入りやすいボディウォッシュです。

でも色々種類があるので、どれを使ったら良いのか悩んでしまうことも。

サマーズイブのボディウォッシュは大きく分けると3種類あります。

  • フェミニンウォッシュ マルチベネフィット(2種類)・シアービューティー
  • フェミニン泡ウォッシュ
  • サンセットオアシス クレンジングウォッシュ

フェミニンウォッシュ
最もスタンダードなシリーズです。
特にラベンダー(紫)のデイリーバランスはドラッグストアのフェムケアコーナーには必ずといっていいほど並んでいます。

 フェミニンウォッシュ
マルチベネフィット
デイリーバランス
フェミニンウォッシュ
マルチベネフィット
シンプリーセンシティブ
フェミニンウォッシュ
シアービューティー
フェミニン泡ウォッシュ  サンセットオアシス
クレンジングウォッシュ
(限定)
内容量237mL237mL237mL150mL444mL
税込価格990円990円1,078円1,474円1,375円
香りフローラルソープの香りかすかなフローラルの香りホワイトフローラルの香りフローラルソープの香りリラックスリゾートの香り
対象肌質普通肌 敏感肌普通肌 敏感肌 普通肌

サマーズイブ フェミニンウォッシュはどれがいい?3つの違い

サマーズイブ フェミニンウォッシュはボトル容器の形が同じでデザインの色で3つあるのはご存知でしょうか。

それぞれの違いと選び方をご紹介します。

サマーズイブ フェミニンウォッシュの種類

  • マルチベネフィット デイリーバランス(ラベンダー色)
  • マルチベネフィット シンプリーセンシティブ(オレンジ色)
  • シアービューティー(黄色)

デイリーバランスとシンプリーセンシティブの配合成分は同じ

マルチベネフィットの2種類、ラベンダー(紫)色とオレンジ色の配合成分は同じです。
またデリケートゾーンのお肌と同じ弱酸性で、アレルギーテスト済みという点も共通です。

配合成分
水、ラウレス硫酸Na、塩化Na、ラウリルグルコシド、コカミドプロピルベタイン、ポリクオタニウムー7、αーグルカンオリゴサッカリド、乳酸、安息香酸Na、EDTA-2Na、水酸化Na、香料

デイリーバランスとシンプリーセンシティブの違いは?

2つの違いはオレンジ色のシンプリーセンシティブの方が次の2点でより敏感肌向けになっています。

  • 全成分は同じだが、活性剤の量が少ない
  • 香りが控えめ

こう聞くとシンプリーセンシティブの方が良さそうですが、シンプリーセンシティブは微香性なので、デリケートゾーンのにおいが気になるという方はラベンダー色のデイリーバランスがおすすめです。

価格も同じなので、よっぽど敏感肌の方でなければ店頭でも手に入りやすいラベンダーの方で問題ないでしょう。

敏感肌の方はむしろ泡で出てくるタイプの「フェミニン泡ウォッシュ」の方がおすすめです。

黒ずみが気になるならシアービューティー

黄色のパッケージのシアービューティーはデリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめです。

美白美容液などの医薬部外品の有効成分として配合されるナイアシンアミドが配合されています。

肌荒れ防止、シワ改善効果もある成分でもあるので、デリケートゾーンの肌荒れやハリのなさが気になる方にもおすすめです。

膣内の酸性環境を保ってくれる乳酸や、皮膚上の常在菌のバランスを調節してくれるオリゴ糖(α―グルカンオリゴサッカリド)も配合されています。

女性のデリケートな肌の古い角質や汚れによるくすみを洗い流し、うるおいのある肌へ導くボディウォッシュです。

デリケートゾーンのケアは必要?

デリケートゾーンの悩みは

  • におい
  • ムレ
  • 黒ずみ
  • かゆみ
  • かぶれ

など様々です。

デリケートゾーンは、実は顔よりも角層が薄く刺激に敏感な部位です。
そんな敏感な部位であるのに、下着やナプキンとのこすれによる摩擦、ムレ、生理中の経血やおりものによるにおいなど過酷な環境にさらされています。

膣内は乳酸桿菌によって乳酸が産生され、弱酸性に保たれています
膣の外、つまりデリケートゾーン(VIO)も膣内ほどではありませんが肌環境は弱酸性になっています。

これがホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどによって弱酸性環境が崩れると肌荒れの原因になってしまいます。

外陰部の皮膚はひだなどで入り組んでいるため、洗いづらく汚れが溜まりやすい部位でもあります。

汚れが落としきれていないと、経血やおりものなどのタンパク汚れが酸化して、臭いのもとになってしまいます。

デリケートゾーンの肌環境を考えた専用の石鹸を使って臭いや肌トラブルのケアをしましょう

フェミニンウォッシュの使い方

フェミニンウォッシュはジェルタイプ。たっぷり237mLが入って、約80回分。

デリケートゾーンをよく濡らし、適量(約2mL)を手に取り、マッサージするように洗います。
からだ用のボディソープのようにすごく泡立ちがよいわけではありません。

そのあとよく洗い流します。

お肌に洗浄成分が残っていると刺激になってしまうので、きちんと洗い流しましょう。

洗浄後は保湿も忘れずに。

まとめ

サマーズイブのフェミニンウォッシュは3種類あります。

中でも最もスタンダードなパープルのマルチベネフィット デイリーバランスはコスパもよく、デリケートゾーンケアの入門に最適です。

今注目のデリケートゾーンケアを専用ボディソープから始めてみてはいかがでしょうか。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-フェムケア
-, , , , , ,