フェムケア

40代からのデリケートゾーンケアで大切なこと -石鹸編-

40代におすすめのデリケートゾーン石鹸のイメージ画像。40代からのデリケートゾーンケアについて、おすすめのデリケートゾーン石鹸やその選び方について詳しくご紹介します。

デリケートゾーンケアを始めてみようかなと思っている40代の方へ。

これまで時間がないと諦めていた方も、ぜひデリケートゾーンケアをはじめてみましょう。

40代からのデリケートゾーンケアで大切なことについて解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

40代からのデリケートゾーンケアで大切なこと

40代になってから、20〜30代の頃よりも生理前や生理中に体の不調が起こりやすくなっていませんか?

少しの体調不良は我慢して、これまで仕事や家事、育児など、自分のことは後回しにしてきた方も多いですよね。

40代になって、少し自分の体と向き合ってみることも大切です。

ホルモンバランスの変化で不調が起こりやすいデリケートゾーンのケアをすることで、自身の体調の変化を感じとることもできます。

これまで時間がないと諦めていた方も、ぜひデリケートゾーンケアをはじめてみましょう。

40代のデリケートゾーンの悩みとは?

デリケートゾーンの悩みは人には言いづらいもの。

でも実は多くの女性が次のような悩みを抱えています。

  • におい
  • かゆみ
  • かぶれ
  • ムレ
  • 乾燥
  • 黒ずみ

特に多いのが「におい」の悩み。

生理中の経血由来のにおいだけではありません。

デリケートゾーンは常に蒸れている部位です。
清潔にしておかないと雑菌が繁殖して臭いの原因になることもあります。

また最近はVIO脱毛をする女性も多くなっています。
施術時に臭いと思われていないかなど、エチケットとしてにおいケアを始める方も多いようです。

40代からデリケートゾーンケアを始めるべき理由

これまでデリケートゾーンのケアをしてこなかったから40代になってわざわざ始めなくても…と思っていませんか?

40代から始めても遅くありませんよ。

ただ少し20代、30代とは目指す方向が異なるかもしれません。

20代、30代は今の自分のため。
40代からは今の自分+将来の自分のため

にデリケートゾーンケアをおすすめします。

デリケートゾーンケア、何から始めるべき?

デリケートゾーンケアといっても色々あって何から始めたらよいのかわからない、という方も多いと思います。

そのような方には、まずは清潔にするスキンケアをおすすめします。

デリケートゾーンの悩みで多い、におい、かぶれ、かゆみなどはお肌を清潔に保つことが予防の第一歩になります。

デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸できちんと洗いましょう。

40代からのデリケートゾーンケアのポイント

ホルモンバランスは年齢とともに変化します。

40代になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が少しずつ減っていきます。

40代からのデリケートゾーンケアは、今の自分+将来の自分のため

ご自身が心地よい、と思うようなケア用品を選びましょう。

例えば「香り

お気に入りの香りを選んで、ケアの時間を大切にしましょう。

またデリケートゾーンのお肌は実は顔よりも繊細。

デリケートゾーンは、顔よりも角層が薄く刺激に敏感な部位です。

そんな敏感な部位であるのに、下着やナプキンとのこすれによる摩擦、ムレ、生理中の経血やおりものによるにおいなど過酷な環境にさらされています。

膣内は乳酸桿菌によって乳酸が産生され、弱酸性に保たれています。

膣の外、つまりデリケートゾーン(VIO)も膣内ほどではありませんが肌環境は弱酸性になっています。

これがホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアなどによって弱酸性環境が崩れると肌荒れの原因になってしまいます。

外陰部の皮膚はひだなどで入り組んでいるため、洗いづらく汚れが溜まりやすい部位でもあります。

汚れが落としきれていないと、経血やおりものなどのタンパク汚れが酸化して、臭いのもとになってしまいます。

デリケートゾーンの肌環境を考えた専用のスキンケアを使って臭いや肌トラブルのケアをしましょう

デリケートゾーンケアで大切なことについてこちらの記事で詳しく解説しています。

デリケートゾーンの悩みはニオイ(臭い、におい)、かゆみ、かぶれなど。デリケートゾーンのケアで大切なことは弱酸性のスキンケアで優しくケアすること。デリケートゾーン専用のボディウォッシュ(ボディソープ)やウェットシート、膣洗浄液、オーガニックナプキン、吸水ショーツなどについて解説します。
デリケートゾーンのケアで大切なこと

続きを見る

石鹸から始めるデリケートゾーンケア −デリケートゾーン専用石鹸の種類−

デリケートゾーンのスキンケアの基本である石鹸。
とは言っても、デリケートゾーンでいう「石鹸」はいわゆる「ボディソープ」や「ボディウォッシュ」を指します。

「石鹸」は化粧品用語で脂肪酸とアルカリでできた物質で、これはアルカリ性です。

実はデリケートゾーンを石鹸で洗うのはN G

先ほど述べたように膣内や膣外は乳酸菌によって弱酸性に保たれています。
アルカリ性の石鹸を使うと皮膚のpHが乱れて雑菌が繁殖しやすくなります

これらのことを考慮してデリケートゾーン用のボディソープは弱酸性のものが多くなっています。

デリケートゾーン専用ボディソープはその剤型によって大きく3種類に分けることができます。

デリケートゾーン専用ボディソープの種類

  • ジェルタイプ
  • 泡タイプ
  • 固形タイプ

ジェルタイプ

デリケートゾーン用ボディソープで多いのがこのジェルタイプ。

泡タイプよりもコスパがよいのが特長です。

よく泡立てて使うことで、汚れ落ちもよくなるだけでなくお肌に優しく洗うことができます。

代表的な商品

  • アイムラフロリア
  • サマーズイブ フェミニンウォッシュ

サマーズイブについてこちらの記事で詳しく解説しています。

デリケートゾーンのフェムケア・フェムテックで人気のサマーズイブ フェミニンウォッシュ。ラベンダー(紫)、ピンク(オレンジ)、イエロー(黄色)があるけれど、どっちがいい か違いを考えている女性の画像。
サマーズイブ フェミニンウォッシュどっちがいい?ラベンダー・オレンジ・イエローの違いを解説

続きを見る

泡タイプ

容器から直接泡で出てくるタイプ。

泡立ての手間がいらないだけでなく、誰でもきめ細かい泡が簡単に作れるところがポイント。

泡タイプのメリットは

  • 泡がきめ細かいことで汚れ落ちが良くなる
  • 界面活性剤の濃度が少なくできる

の2つ。これがとても大切。

同じ汚れを落とすのでも界面活性剤の濃度が少なくてよいので、泡タイプは敏感肌の方には特におすすめの剤型です。

代表的な商品

  • コラージュフルフル 泡石鹸
  • ロリエ デリケート泡ウォッシュ
  • イロハ インティメイトウォッシュ
合わせて読みたい

固形タイプ

固形石鹸タイプはジャムウ石鹸などが代表です。

ジェルタイプと同様に泡立てて使います。

お風呂場など濡れやすい場所に置きっぱなしにすると溶けやすいので保管には注意しましょう。

代表的な商品

  • ヴィーナスラボ フェミナチュール ジャムウクリアナノソープ
1つで5役!デリケートゾーン石けん【ジャムウソープ】

40代からのデリケートゾーン用石鹸の選び方の3つのポイント

40代からのデリケートゾーンケアのためのボディソープ(石鹸)の選び方のポイントをご紹介します。

選び方の3つのポイント

  • 弱酸性
  • 香りつき
  • パッチテスト済み、アレルギーテスト済み

ポイント1 弱酸性

デリケートゾーンの周囲の皮膚は弱酸性。

アルカリ性の石鹸やボディソープを使うとお肌のpHバランスが崩れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの皮膚特性に合わせた弱酸性のボディソープを選びましょう。

ポイント2 香りつき

デリケートゾーンの気になるにおいは、清潔に保つことに加えて、よい香りでマスキングするのもおすすめです。

さらに、香りはリラックス効果にもつながります。

お気に入りの香りを見つけてみましょう。

ポイント3 パッチテスト済みまたはアレルギーテスト済み

ボディソープ自体が皮膚刺激にならないかどうかを確認するパッチテストやアレルギーテストがおこなわれているものの方が安心です。

パッケージやホームページなどで確認しましょう。

40代におすすめのデリケートゾーン用石鹸

40代のデリケートゾーンケアにおすすめなのがアイムラフロリア I'm La Floria
I'm La Floria

アイムラフロリア デリケートボディウォッシュ
250mL ¥3,740(税込)

美的の年間ベストコスメを2年連続受賞
10万個完売のデリケートゾーンウォッシュ「アイムラフロリア I'm La Floria」。

アイムラフロリア 6つのおすすめポイント

  • これ1本で全身に使える
  • 香り満足度97%!花束のようなイヴピアッツェローズの香り
  • 天然由来成分94%!肌に優しいから安心して使える
  • 乳酸菌発酵エキスで、洗いながらうるおいケア
  • ビタミンC誘導体+フラワーエキス配合。透明感UP
  • 地球に優しいサステナブル資材

ポイント1 これ1本で全身に使える

アイムラフロリアのボディウォッシュは泡立ちがよいので、デリケートゾーンだけでなく全身にも使えます。

デリケートゾーン用とボディ用で分けるのは少し面倒くさいと思う方にもおすすめです。

デリケートゾーンに合わせた弱酸性のアミノ酸洗浄成分を使用し、やわらかな泡で繊細なデリケートゾーンをやさしく包み込みながら、ニオイやトラブルの原因となる汚れはしっかりと洗い流します。

ポイント2 香り満足度97%!花束のようなイヴピアッツェローズの香り

アイムラフロリアの代名詞とも言えるのがこのイヴピアッツェローズの香り。

この香りに魅かれて購入するという方も多いとか。

定番のローズとは一味違う、みずみずしくフレッシュで清潔感のある香り。
まるで花束をもらった時にふわっと香る、そんな幸せなひとときを感じられる香りです。

幾重にも重なるイヴピアッツェローズの香りを優雅にまとうバスタイムを。

ポイント3 天然由来成分94%!肌に優しいから安心して使える

アイムラフロリアは天然由来成分を積極的に採用するブランド。

ボディウォッシュでは天然由来成分の配合率はなんと94%!

デリケートな肌を守るための安全性や効果はもちろん、環境にも優しいものづくりを目指しているブランドです。

無着色、アルコールフリー、パラベンフリーなのもポイント。

ポイント4 乳酸菌発酵エキスで、洗いながらうるおいケア

洗うだけでなく、保湿成分がたっぷり配合されているのもポイントです。

デリケートゾーンを正常に保ってくれるのが乳酸桿菌という菌で、別名「デーデルライン桿菌」とも呼ばれます。

この乳酸桿菌はグリコーゲンを栄養源として乳酸を産生し、膣内を弱酸性に保ってくれています。

ボディウォッシュにはこの乳酸桿菌由来のエキス※1が配合されています。

乳酸桿菌エキス※1にはアミノ酸や乳酸などがたっぷり含まれているので、デリケートゾーンのお肌を整え、洗い上がりの乾燥感も防いでくれます。

※1 乳酸菌発酵エキス(乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液)

ポイント5 ビタミンC誘導体+フラワーエキス配合。透明感UP

ビタミンC 誘導体(3 - O -エチルアスコルビン酸)やチャ葉エキス、ツボクサエキスが配合されています。

洗い上がりの透明感が高まります。

I'm La Floria

ポイント6 地球に優しいサステナブル資材

ボトルに再生可能な植物由来の成分として、サトウキビを原料に用いたバイオマスプラスティックを採用。環境への配慮もされています。

雑誌「美的」のランキングでも2年連続ベストコスメを受賞しているから満足度97%、定期継続率83%以上

まとめ

40代からのデリケートゾーンのケアは石鹸(ボディウォッシュ)から始めてみましょう。

アイムラフロリアは、まるで花束をもらった時にふわっと香る、そんな幸せなひとときを感じられる幾重にも重なるイヴピアッツェローズの香り。

仕事に、家事に育児にと頑張っている40代だからこそ、イヴピアッツェローズの香りで優雅にまとうバスタイムを過ごしてみませんか。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-フェムケア
-, , , , , , ,