ニキビ肌

背中ニキビが保湿で悪化?!その原因と対策

背中ニキビにクリームで保湿している女性のイメージ写真。背中ニキビが保湿で悪化してしまって悩んでいる。化粧水(ローション)、クリーム、ジェルなど様々なアクネケアアイテムがあるが、何を使ったら治るか知りたいと思っている。

背中ニキビ対策のために保湿ケアをしたのに、かえってニキビが悪化してしまった、また全然治らないという経験はありませんか?

実は選ぶアイテムや使い方が間違っていると、ニキビを悪化させてしまう原因になります。

この記事では保湿で背中ニキビが悪化してしまう原因やその対策、ニキビを悪化させない保湿アイテムの選び方について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

保湿で背中ニキビが悪化する2大原因

背中ニキビ対策として始めることが多いのが「保湿」。

でも保湿したらかえってニキビが悪化してしまった、減る気配がない、そんな経験ありませんか?

実は、保湿でニキビが悪化してしまうのは本当です。

その原因は2つあります。

  • 保湿アイテムがニキビの原因になっている
  • スキンケア方法が間違っている

これまで保湿をして背中ニキビが悪化した、治らなかったという方は、これらが原因かもしれません。

背中ニキビに合ったアイテムを選び、正しく使うことで、背中ニキビは予防することができます

それぞれの原因を詳しくみていきましょう。

原因1 保湿アイテムがニキビの原因になっている

1つめの原因として、使う保湿アイテムそのものがニキビの原因になっていることがあります。

背中ニキビができる原因には、

  • 毛穴の詰まり
  • アクネ菌
  • 過剰な皮脂

の3つの因子が関わっています。

背中ニキビの原因となる3大因子

背中にニキビができる原因について、背中ニキビの原因となる3つの因子について説明するイラスト。背中ニキビは毛穴の詰まり、アクネ菌(C. acnes)、過剰な皮脂が原因となってできます。これら3つの因子のケアをするアクネケアが大切です。

ニキビは「毛穴の詰まり」から始まります。

詰まった毛穴でニキビの原因菌である「アクネ菌(C. acnes」が「過剰な皮脂」を栄養にして増殖します。

アクネ菌が増えると、毛穴の中で炎症が起こり、ニキビが悪化してしまいます。

使う保湿アイテムがこれらの3つの因子に影響を与えてしまうと、ニキビの悪化につながります

例えば、化粧品の成分の中にはアクネ菌の栄養源になってしまうものや、毛穴を詰まりやすくするものがあります。

このような成分が配合されているものを使うとニキビができやすくなってしまいます。

毛穴を詰まらせやすい成分としてはオレイン酸やアーモンド油などが有名です。

また保湿成分として汎用されるグリセリンはアクネ菌の栄養源になりやすいことが知られています。

背中ニキビができてしまう原因について詳しくはこちら↓で紹介しています。

背中ニキビに悩む女性の背中のイメージ写真。背中にニキビができる原因について知りたいと思っている。
背中ニキビができる3つの原因と対処法

続きを見る

原因2 スキンケア方法が間違っている

お肌に合ったスキンケアアイテムを選んでいても、使い方が間違っているとニキビを悪化させてしまうことがあります。

こんなスキンケアはN G!

ゴシゴシこする

背中ニキビの悪化で最も多いのがこのタイプ。

  • ナイロンタオル
  • ボディブラシ
  • スクラブ入りのボディソープ

などを使っていませんか?

お肌を傷つけてしまうと余計に毛穴が詰まったり、炎症を起こしてニキビが悪化してしまいます。

お風呂でのすすぎが不充分

シャンプーやトリートメントのすすぎが不充分だと、背中に残ってしまい、毛穴の詰まりの原因になることがあります。

顔でも洗顔料のすすぎ残しが髪の生え際のニキビの原因になることがありますが、体も同じです。

シャンプー、リンス、トリートメント、コンディショナーは残らないよう、丁寧にすすぎましょう。

背中ニキビを悪化させないボディソープについて詳しくはこちら↓で紹介しています。

背中や体のニキビに効くボディソープをイメージした写真。泡立てた白い石鹸は、医薬部外品の有効成分が配合された薬用。
薬用ボディソープで背中ニキビ対策

続きを見る

背中ニキビを悪化させない保湿アイテムの選び方のポイント

背中ニキビを悪化させないために3つのポイントに気をつけて保湿アイテムを選びましょう。

  • ニキビの元になりにくいノンコメドジェニックテスト済み
  • 背中ニキビの3つの原因に対処できる
  • 背中にも使いやすい剤型

ポイント1 ニキビの元になりにくいノンコメドジェニックテスト済み

背中ニキビケアのポイントはニキビのもとになりにくいノンコメドジェニックな化粧品を使うこと。

コメド」とはニキビのもとのことです。

すなわち「ノンコメドジェニック=ニキビのもとになりにくい」ことを示します。

これを確認する試験である「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載のある商品を選びましょう。

「ノンコメドジェニックテスト」は、実際にヒトの背中に化粧品を繰り返し塗って、ニキビのもと(コメド)ができないことを確認する試験です。

日本皮膚科学会による「尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023」においてもニキビ肌の方が使う化粧品は「ノンコメドジェニック」であることが推奨されています。

ニキビが気になるときは「ノンコメドジェニックテスト済み」の化粧品を選びましょう。

大人ニキビのスキンケアについて詳しくはこちら↓で紹介しています。

頬や顎(あご)、フェイスラインなどUゾーンに繰り返す大人ニキビに悩む20代、30代、40代の女性。繰り返す大人ニキビの予防のため、大人ニキビに効く成分を配合したスキンケアをする方法をとっている。
大人ニキビの原因とスキンケアの基本 -予防に効果的なスキンケア方法- 

続きを見る

ポイント2 背中ニキビの3つの原因に対処できる

背中ニキビの原因は「毛穴の詰まり」「アクネ菌」「過剰な皮脂」の3つ。

つまり裏を返すと、この3つの因子への対策をおこなえば、背中ニキビの悪化を防ぐことができます。

おすすめの成分をご紹介します。

毛穴の詰まり対策

角層を柔らかくして、毛穴の詰まりを取り除くピーリング作用を持つ成分として、A H AやB H Aがおすすめです。

B H Aの1つであるサリチル酸はアクネ菌に対する殺菌作用もあり、医薬部外品の有効成分としても配合されます。

おすすめの成分

  • グリコール酸、乳酸(AHA;α-ヒドロキシ酸、フルーツ酸)
  • サリチル酸(BHA;β-ヒドロキシ酸)

アクネ菌対策

有効成分として殺菌成分や抗菌成分が配合されているものを選びましょう。

おすすめの成分

  • イソプロピルメチルフェノール
  • サリチル酸(BHA;β-ヒドロキシ酸)
  • 感光素201号

またアクネ菌による炎症を抑える抗炎症成分もチェックしておきましょう。

おすすめの成分

  • グリチルリチン酸2K
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • アラントイン

過剰な皮脂対策

皮脂分泌を抑えるビタミンB類がおすすめです。

塩酸ピリドキシンは医薬部外品の有効成分としても使われます。

おすすめの成分

  • ビタミンB誘導体(塩酸ピリドキシン)
  • ビタミンB(リボフラビン)

パッケージの全成分表示を確認してみましょう。

ポイント3 背中にも使いやすい剤型

背中はよく見えず手も届きにくいため、お手入れがしにくい部位です。

そのような場所にはミストタイプの化粧水がおすすめです。

ミストにも容器を逆さまにしても使えるものがあるので、手が届きにくい背中にも使いやすい剤型でおすすめです。

きちんと治したいという方は、「毛穴の詰まり」「アクネ菌」にきちんと対処できるのが第2類医薬品のセナクリアもミストタイプで逆さにしても使える剤型です。

【第二類医薬品】繰り返す背中ニキビに。ニキビケアブランドと製薬会社が共同開発した「セナクリア」

100mL 5,970円(税込)

おすすめポイント

有効成分のサリチル酸は、殺菌作用だけでなく、角層を柔らかくするピーリング効果があるので、毛穴の詰まりも予防してくれます。

アラントインはニキビの炎症を抑えるのでニキビの悪化を予防し、ニキビ跡になりにくくしてくれます。

エタノールも殺菌効果があり、ニキビの原因菌を殺菌してくれます。
脱脂作用もあるので、皮脂の多い背中ニキビにはさっぱりとした使い心地で気持ちよく使えます。

スプレータイプで背中にも塗布しやすいのも◎。

背中ニキビを治すスプレータイプの医薬品について詳しくはこちら↓で紹介しています。

背中ニキビ(アクネ、バクネ)の市販薬のイメージ画像。スプレー、ローション(化粧水)、クリーム(軟膏)などがある。治りにくい背中のニキビ(アクネ、バクネ)を治す、効果のある市販のスプレーについて市販薬からランキングをご紹介します。
背中ニキビの市販薬|スプレータイプのおすすめランキング

続きを見る

まとめ

せっかく保湿をしても、使うもの・使い方が間違っているとかえって背中ニキビを悪化させてしまいます。

背中ニキビの原因にきちんと対処できる保湿アイテムを選んで、正しいスキンケアをしましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-ニキビ肌
-, , ,