ニキビ肌

背中ニキビ用石鹸を選ぶときに大切なこと

背中のニキビ、背中ニキビに効く石鹸のイメージ写真。きめ細かい弾力のある泡の上に背中ニキビ用石鹸が乗っている。固形石鹸の上には薬用(医薬部外品)の有効成分 グリチルリチン酸やグリチルレチン酸ステアリルの甘草をイメージさせる植物が置いてある。

背中ニキビのケア、どのようにしていますか?

背中のニキビが気になるとき、まず変えるべきスキンケアは実は石鹸です。

この記事では背中ニキビのための薬用石鹸について、市販品の選び方のポイントや有効成分の種類、おすすめの市販石鹸、使い方のポイントなどについて元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が詳しく解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

背中ニキビ用石鹸の選び方 3つのポイント

背中ニキビ用の固形石鹸の選び方の3つのポイントについて。

背中ニキビができてしまったとき、さらには予防のためにも、まず変えたいスキンケアが石鹸です。

背中ニキビ対策ではどのような石鹸を選ぶかが重要になります。

お肌に合わない石鹸を選んでしまうと、背中ニキビがさらに悪化してしまうこともあります。

背中ニキビ用石鹸の選ぶときは次の3つのポイントに気をつけましょう。

背中ニキビ用石鹸の選び方 3つのポイント

  • 背中ニキビの3つの原因に対処していること
  • ニキビの元になりにくい処方であること
  • ニキビを防ぐ効能効果がある薬用(医薬部外品)であること

ポイント① 背中ニキビの3つの原因に対処していること

背中ニキビができる原因には、

  • 毛穴の詰まり
  • アクネ菌
  • 過剰な皮脂

の3つの因子が関わっています。

背中ニキビの原因となる3大因子

背中にニキビができる原因について、背中ニキビの原因となる3つの因子について説明するイラスト。背中ニキビは毛穴の詰まり、アクネ菌(C. acnes)、過剰な皮脂が原因となってできます。これら3つの因子のケアをするアクネケアが大切です。

ニキビは「毛穴の詰まり」から始まります。

詰まった毛穴でニキビの原因菌である「アクネ菌(C. acnes」が「過剰な皮脂」を栄養にして増殖します。

アクネ菌が増えると、毛穴の中で炎症が起こり、ニキビが悪化してしまいます。

背中ニキビ用の石鹸ではこの3つの因子への対策ができるものを選ぶことが大切です。

背中ニキビの3つの原因について詳しくはこちら↓で紹介しています。

背中ニキビに悩む女性の背中のイメージ写真。背中にニキビができる原因について知りたいと思っている。
背中ニキビができる3つの原因と対処法

続きを見る

毛穴の詰まり対策

洗うことそのもので毛穴の詰まりはある程度取り除くことができます。

でも、より効果的に取り除くためには

  • きめ細かい泡
  • 角層を柔らかく整えて、毛穴の詰まりを取り除く成分(A H A、B H A)

に着目しましょう。

泡が細かいものは毛穴の奥まできちんと汚れを取り除くことができます。

また毛穴の詰まりを取り除く成分として、

  • α−ヒドロキシ酸(A H A):グリコール酸、クエン酸など
  • β−ヒドロキシ酸(B H A):サリチル酸など

が配合されているものもお勧めです。

また使うスキンケアそのものが毛穴の詰まり(コメド)を作らせてしまわないかどうかも大事です。

コメドを作らないことを確認したノンコメドジェニックテスト済みのものを選びましょう。

※すべての方に、ニキビができないわけではありません。

アクネ菌対策

背中ニキビの原因菌であるアクネ菌対策として、殺菌成分や抗菌成分に着目しましょう。

ニキビ肌用の有効成分として配合される殺菌成分には

  • サリチル酸
  • イソプロピルメチルフェノール
  • エタノール

などがあります。

過剰な皮脂対策

背中は皮脂が多い部位です。

石鹸できちんと洗うことで過剰な皮脂を洗い流すことができます。

またビタミンB類も皮脂分泌の調整に有用です。

このように、背中ニキビは①毛穴の詰まり ②過剰な皮脂 ③アクネ菌の3つの因子が原因です。

この3つの因子への対策をおこなうことで、背中ニキビの悪化を防ぐことができます。

背中ニキビの原因について詳しくはこちら↓で紹介しています。

背中ニキビに悩む女性の背中のイメージ写真。背中にニキビができる原因について知りたいと思っている。
背中ニキビができる3つの原因と対処法

続きを見る

ポイント② ニキビの元になりにくい処方であること

実は、使っているスキンケアそのものがニキビの原因になっていることがあります

残念ながら石鹸、シャンプー、化粧水、乳液、クリームなどのスキンケアもニキビの原因になってしまうことがあります。

化粧品の成分の中にはアクネ菌の栄養源になってしまうものや、毛穴を詰まりやすくするものがあります。

このような成分が配合されているものを使うとニキビができやすくなってしまいます。

例えばオレイン酸やアーモンド油は毛穴を詰まらせやすい成分です。

また保湿成分として汎用されるグリセリンはアクネ菌の栄養源になりやすいことが知られています。

ニキビの原因になりやすい化粧品成分についてはこちら↓の記事で詳しく解説しています。

グリセリンフリーの日焼け止めを選ぶときの見落としがちなポイント

続きを見る

背中ニキビになりにくいスキンケアの見分け方

背中ニキビケアのポイントはニキビのもとになりにくいノンコメドジェニックな化粧品を使うこと。

コメド」とはニキビのもとのことです。

すなわち「ノンコメドジェニック=ニキビのもとになりにくい」ことを示します。

これを確認する試験である「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載のある商品を選びましょう。

「ノンコメドジェニックテスト」は、実際にヒトの背中に化粧品を繰り返し塗って、ニキビのもと(コメド)ができないことを確認する試験です。

日本皮膚科学会による「尋常性ざ瘡治療ガイドライン2023」においてもニキビ肌の方が使う化粧品は「ノンコメドジェニック」であることが推奨されています。

ニキビが気になるときは「ノンコメドジェニックテスト済み」の化粧品を選びましょう。

※すべての方に、ニキビができないわけではありません。

大人ニキビのスキンケアについて詳しくはこちら↓で紹介しています。

頬や顎(あご)、フェイスラインなどUゾーンに繰り返す大人ニキビに悩む20代、30代、40代の女性。繰り返す大人ニキビの予防のため、大人ニキビに効く成分を配合したスキンケアをする方法をとっている。
大人ニキビの原因とスキンケアの基本 -予防に効果的なスキンケア方法- 

続きを見る

ポイント③ ニキビを防ぐ効能効果がある薬用(医薬部外品)であること

ニキビを防ぐ効果は薬用(医薬部外品)にしか認められていません。

背中ニキビのケアには必ずニキビ肌用の薬用(医薬部外品)の石鹸を選びましょう。

背中ニキビ用石鹸の有効成分

ニキビ肌向けのスキンケアには前述のようなニキビの原因を考えた有効成分が配合され、ニキビを防いでくれます。

次のような成分が有効成分として配合されます。

  • サリチル酸
  • アラントイン
  • グリチルリチン酸またはグリチルレチン酸ステアリル
  • イソプロピルメチルフェノール

有効成分をそれぞれ見てみましょう。

サリチル酸
殺菌作用だけでなく、角層を柔らかくするピーリング効果があるので、毛穴の詰まりも予防してくれます。

アラントイン
ニキビの炎症を抑えるのでニキビの悪化を予防し、ニキビ跡になりにくくしてくれます。

グリチルリチン酸・グリチルレチン酸ステアリル
アラントイン同様に、抗炎症成分として配合されます。
ニキビの炎症を抑えるのでニキビの悪化を予防し、ニキビ跡になりにくくしてくれます。

イソプロピルメチルフェノール
殺菌作用があり、ニキビの原因菌対策になります。

背中ニキビ用石鹸の種類

背中ニキビ用の石鹸は「泡」「固形石鹸」「液体」の大きく3種類に分けることができます。

おすすめの順番は

  • 泡タイプ
  • 固形石鹸タイプ
  • 液体タイプ

泡タイプ

一番おすすめなのは、ポンプを押すだけできめ細かい泡が出てくる泡タイプ。

背中ニキビにおすすめなのはコラージュフルフル泡石鹸

背中ニキビをナイロンタオルやボディブラシでこするのは厳禁。

ニキビ跡になりやすくなります。

泡が直接出てくるタイプなら、ナイロンタオルなどでの泡立てもいらないので、手で優しく洗うことができます。

また泡立て不足もニキビの原因になることがあります。

泡タイプはお肌にとって最適な泡が出てくるので、泡立て不足になる、ということがそもそもありません。泡立てが苦手、という方にもおすすめしたい剤型です。

固形石鹸タイプ

次におすすめなのが固形石鹸タイプ。

いわゆる石鹸がこれにあたります。

泡立てて使うという手間がありますが、泡タイプに比べるとコスパがとてもよいです。

泡立てのためにタオルやネットを使うのはOKですが、そのタオルで背中をゴシゴシ洗ったりしないでください。

摩擦刺激はニキビを悪化させてしまいます。

泡立てもしっかりおこないましょう。

液体タイプ

いわゆる液体のボディソープがこれにあたります。

固形石鹸タイプと同じように泡立てて使います。

こちらもきちんと泡立てた泡で、手で優しく洗うのがポイントです。

クリームタイプ

こちらは洗顔に使うものが主流になるため、使い勝手の面でも背中ニキビ用のものはあまりありません。

背中ニキビ用石鹸の使い方 3つのポイント

背中ニキビのケアにはどのような石鹸を選ぶかも大切ですが、その使い方もポイントです。

次の3つのポイントに気をつけてアクネケアをしましょう。

背中ニキビ用石鹸の使い方 3つのポイント

  • よく泡立てる
  • こすらない
  • きちんとすすぐ

スプレータイプの市販薬も取り入れて

背中ニキビ用の石鹸で洗ったあと、お風呂上がりにニキビ治療薬も塗布するとよいでしょう。

手が届きにくい背中にはスプレータイプの市販薬がおすすめです。

セナクリア

「毛穴の詰まり」「アクネ菌」にきちんと対処できるのが第2類医薬品のセナクリア

【第二類医薬品】繰り返す背中ニキビに。ニキビケアブランドと製薬会社が共同開発した「セナクリア」

100mL 5,970円(税込)

おすすめポイント

有効成分のサリチル酸は、殺菌作用だけでなく、角層を柔らかくするピーリング効果があるので、毛穴の詰まりも予防してくれます。

アラントインはニキビの炎症を抑えるのでニキビの悪化を予防し、ニキビ跡になりにくくしてくれます。

エタノールも殺菌効果があり、ニキビの原因菌を殺菌してくれます。
脱脂作用もあるので、皮脂の多い背中ニキビにはさっぱりとした使い心地で気持ちよく使えます。

スプレータイプで背中にも塗布しやすいのも◎。

それでも治らない場合は皮膚科へ

市販薬で改善が見られない場合は、皮膚科を受診しましょう。

ニキビとよく似たマラセチア毛包炎である可能性もありますのできちんと診断を受けることも大切です。

皮膚科でのニキビ治療は、毛穴の詰まりと取り除くお薬や、抗菌薬、抗炎症剤などが処方されます。

皮膚科専門医の指示に従ってお薬をきちんと塗りましょう。

ニキビの治療薬についてはこちら↓の記事で詳しく解説しています。

市販薬を使っても、皮膚科に行ってもニキビが治らない、と悩んでいる頬やおでこの大人ニキビがぜんぜん治らない女性の画像。頬に手を当てている。皮膚科、薬、市販薬、スキンケアでどのようなアクネケアをしたら良いかわからない。
大人ニキビが全然治らない時の5つのチェックポイント 

続きを見る

背中ニキビを作らないためのスキンケア方法

背中ニキビ用石鹸と市販薬を使いながら、新しい背中ニキビを作らないためのスキンケアも同時におこないましょう。

  • スキンケアそのものを見直す
  • スキンケア方法を見直す

この2つとも大切です。

スキンケアそのものを見直す

せっかく石鹸やお薬でニキビを治しても、使っているスキンケアがニキビの原因になってしまっては元も子もありません。

ニキビ跡にしないためにも悪化因子は取り除きましょう。

正しいスキンケアを心がけることで、治療の補助にもなります。

もし背中にクリームや化粧水などを使っている場合は、それがニキビ肌向けであるかどうか確認しましょう。

ニキビの元になりにくいことを確認した「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載のあるものを選びましょう。

※すべての方に、ニキビができないわけではありません。

スキンケア方法を見直す

ニキビ肌に合ったスキンケアを選んだら、次はスキンケア方法も見直しましょう。

間違ったスキンケア方法は、ニキビをつぶしてしまったり、悪化の原因になることがあります。

こんなケアはN G!

  • ゴシゴシこする
  • お風呂でのすすぎが不十分

ゴシゴシこすらない

体を洗うとき、ゴシゴシ擦ったりしていませんか?

背中ニキビの悪化で最も多いのがこのタイプ。

  • ナイロンタオル
  • ボディブラシ
  • スクラブ入りのボディソープ

などを使っていませんか?

お肌を傷つけてしまうと余計に毛穴が詰まったり、炎症を起こしやすくなります。

結果、ニキビが悪化して治りにくくなり、ニキビ跡につながってしまいます。

たっぷりの泡で、手で優しく洗うようにしましょう。

きちんとすすぐ

シャンプーやトリートメントのすすぎが不充分だと、背中に残ってしまい、毛穴の詰まりの原因になることがあります。

顔でも洗顔料のすすぎ残しが髪の生え際のニキビの原因になることがありますが、体でも同じです。

シャンプー、リンス、トリートメント、コンディショナーは残らないよう、丁寧にすすぎましょう。

かゆみがある場合は別の病気の場合も

ニキビによく似た病気に「マラセチア毛包炎」があります。

マラセチア毛包炎には、アクネ菌ではなくマラセチア属真菌(カビの一種)が関与しています。

見た目はニキビによく似ているので、ニキビとマラセチア毛包炎を見分けるのは難しいです。

ただし治療法が全く違いますので、鑑別が重要になります。

マラセチア毛包炎は、胸・背中・肩・上腕にみられることが多く、赤みがあり、時に先端に膿を持ちます。

ニキビと違って毛穴の詰まりはほとんどみられません

またかゆみを伴うことが多く、温度や湿度の影響を受けるので夏に悪化する傾向にあります。

治療は、抗真菌薬の外用薬または内服薬を使います。

また抗真菌剤が入ったボディソープが販売されており、それが有効な場合もあります。

マラセチア毛包炎は、一度よくなっても再発しやすく予防も大切です。

毛包炎の予防としても、できたあとの対処としても、皮膚を清潔に保つことが大切です。

夏に悪化することが多いので、汗を吸収して素早く乾くような肌着や季節にあった衣類を着用すること、汗をかいたら、速やかにシャワーなどを浴びて皮膚を清潔に保つように心がけます。

コラージュフルフル泡石鹸ならWの抗菌成分で背中ニキビ対策ができます。

まとめ

背中ニキビを防ぐためには、まずは石鹸から見直してみるのがよいでしょう。

おすすめはコラージュフルフル泡石鹸です。

きめ細かい泡で毛穴の詰まりを取り除き、アクネ菌だけでなくマラセチア菌などの真菌に対する殺菌効果があります。

ニキビは早めの対処が肝心です。

ニキビ肌に合った石鹸で毎日清潔に保ち、ニキビを防ぎましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-ニキビ肌
-, ,