シートマスク スキンケア

【試してみた】敏感肌の肌荒れ・美白・ニキビ・毛穴にはミノンのシートマスクがおすすめ!その理由は?使用感レビュー

ミノン シートマスク(パック、フェイスパック、シートパック)をイメージした画像。敏感肌で肌荒れ、美白、毛穴、ニキビが気になる方は、ミノンのパック(フェイスパック、シートパック)がおすすめです。毎日使える 安い 価格(値段)なら塗る パックもあります。

流行のシートマスク。
使ってみたいけれど、敏感肌だから刺激になりそうで不安…という方もいらっしゃると思います。

敏感肌向けブランドでもシートマスクがあるのはご存知ですか?

ミノン アミノモイストは敏感肌のためのスキンケアブランド。
今回はこのミノンのシートマスクについてその種類や使ってみた感想、おすすめのポイントなどをご紹介します。

本ページはプロモーションが含まれています。

ミノン シートマスク・パックが敏感肌におすすめの理由

敏感肌のためのブランドミノンはそのブランド名の由来は3つのNon(ノン)でミノン

Nonallergic アレルギーの原因物質を極力カット
Nontoxic 低刺激性(低毒性)
Nonalkaline 弱酸性(アルカリ性ではない)

1973年、化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたいという想いから誕生したブランドです。
赤ちゃんから大人、高齢の方までお使いいただける製品であり続けるために、今もこの考え方を守っています。

ミノンの中でもフェイスケアに特化したシリーズが「ミノン アミノモイスト」シリーズ。
敏感肌・乾燥肌の方の肌荒れ・ニキビ・エイジングケアなどの肌悩みに応える充実のラインナップになっています。

中でも最近ヒットしているのがシートマスク

敏感肌でも使えるシートマスクは少ないので、敏感肌の方は要チェックアイテムです。

実はアットコスメでもベストコスメアワードでベストシートマスクに選ばれたこともある実力者。
今回はこのミノン シートマスクの実力について解説します。

ミノン シートマスクのここがすごい

  • シートがすごい
  • 美容液がすごい
  • 敏感肌への配慮がすごい

「敏感肌のシートマスク」についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

敏感肌でシートマスク(フェイスマスク、パック)が使えるか悩んでいる女性の画像。バリア機能が低下した敏感肌では水分や蒸発しがち、フェイスマスク(パック)でお肌に水分を与えてバリア機能を整えましょう。
【敏感肌のシートマスク】使っても大丈夫?選び方は?おすすめは?

続きを見る

シートがすごい

シートマスクの要であるシート。
この素材はコットンやレーヨンなどいくつかあります。
素材やその加工方法、厚みなどによって感触が全く異なってきます。

ミノン マスクのシート素材は、吸い付くようにフィットする高密着シート「ベンリーゼ®」。

ベンリーゼ®は旭化成が開発した世界で唯一のキュプラ長繊維不織布です。

綿実油を作るときの副産物であるコットンリンター(綿花の種子を包むうぶ毛)を原料とする連続長線維再生セルロース不織布です。

本来なら使用されないものなのでSDGsにも貢献する素材です。
さらに自然の働きによって生分解し、土壌に害を及ぼすことなく土に還り堆肥化するため、環境にも配慮されたサステナブル素材です。

また水を抱え込む力が高く、重量の13倍の水を吸収・保持することができます。
このためシートマスクではプルプルとした感触があります。

さらに肌との密着性も高いため、シートマスクがずれにくく、効率よく美容成分を閉じ込めることができます。

また一般的なコットンやレーヨン不織布と異なり、連続長繊維であるため、毛羽立ちが少なく敏感肌の方でシートマスクはチクチクする、痒くなるといった方にもおすすめです。

ベンリーゼの特長

  • なめらかな肌触り
  • 抜群の吸液力
  • 肌との密着性が高い
  • 他にはないフィット感とプルプル感
  • 摩擦刺激が少ない
  • 天然由来原料による地球への優しさ

ベンリーゼでも様々な種類や厚みがあります。

韓国マスクの代表「メディヒール」、コーセーコスメポートの「クリアターン ホワイトマスク」「ごめんね素肌」など多くのシートマスクで採用されています。

こちらのミノンのシートマスクも密着感は抜群で伸ばしながらピッタリつけるのがおすすめです。

シートマスクの素材についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

40代でシートマスク(フェイスマスク、フェイスパック)のおすすめを試している女性の画像。ドラッグストアで購入できるプチプラのものからデパコスまで、シミ(しみ)、そばかす、くすみ、シワ(しわ)、ほうれい線など気になる肌悩みに合ったシートマスク(フェイスマスク、フェイスパック)をご紹介します。
40代におすすめのシートマスクは?成分とシート素材で厳選! 

続きを見る

美容液がすごい

シート素材のベンリーゼ®は多くの水分を抱え込むことができるので、プルプルとした感触があります。
でもこのベンリーゼ®の素材特長を生かせるかどうかは美容液の処方にかかっています。

ミノン シートマスクは、このベンリーゼの特徴を最大限に生かす処方でプルプル感とひんやり感、肌への密着性のバランスが最高です。

シートマスクの液は言ってしまうと化粧水なのであまり保湿の持続力がなかったり、はがした後に増粘剤のパキッとした感じが表面に残って乾燥感を感じるものも多くあります。

ミノン シートマスクは、粘度の高いジェル状の液。

少しペタペタした感触が気になる方もいるかも知れませんが、お肌にしっかりなじませることでもっちりと乾燥感のない仕上がりでした。アットコスメのベストコスメに選ばれたのも納得です。

肌荒れケア、ニキビ・毛穴ケア、美白、エイジングケアと肌悩みに合わせた有効成分や美容成分もたっぷり配合されています。

ミノン アミノモイストの名前の通り、アミノ酸がたっぷり入っています。

アミノ酸はお肌のバリア機能に必要なNMF(天然保湿因子)の一つ
水分を引き寄せ、角層をうるおわせるのに必須です。ミノンアミノモイストでは9種の保潤アミノ酸を独自配合。
これほどアミノ酸の種類が豊富なのは他にはないと思います。

9種の保潤アミノ酸
グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

敏感肌への配慮がすごい

乾燥肌、敏感肌の方にも配慮された仕様・処方で、シートマスクを敬遠していた方にもぜひお試しいただきたいマスクです。

  • 衛⽣的な個装タイプ
  • お肌と同じ弱酸性
  • 無香料・無着色
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー
  • アレルギーテスト済み※1
  • パッチテスト済み※2
  • スティンギングテスト済み※2
  • 敏感肌・乾燥肌の方による連用テスト済み※2

※1 すべての方に、アレルギーが起こらないというわけではありません
※2 すべての方の肌に合うということではありません。

ミノン シートマスク・パックの種類

ミノンのシートマスクは4種類あります。
どれも敏感肌の方におすすめできるラインナップ。

肌荒れ・保湿(レビューあり)ぷるぷるしっとり肌マスク

ミノンアミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク
22mL×4枚

今回使用したのがこちら。

「ぷるぷる」の名前の通り、ジェル美容液が含まれています。
それもかなり濃厚!
ベンリーゼ®との相性もよかったです。
ここまで粘度を上げなくてもいいのでは、と思うくらい。
もちろん液ダレもせず、広げたりしやすいマスクです。

仕上がりはかなりぷるぷる感が出ます
粘度があるのでしばらくヌチャっとした感じが若干気になりますが、お肌がしばらく守られている感じで、敏感肌や乾燥肌の方には良いと思います。

おすすめポイント
・ぷるぷるのジェル美容液がたっぷり22mL
・9種の保潤アミノ酸配合
・乾燥による小ジワを目立たなくします(効能評価試験済み)
・敏感肌におすすめの繊維刺激の少ない密着やわらかシート、ベンリーゼ®採用。

※グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

美白 うるうる美白ミルクマスク

ミノンアミノモイスト うるうる美白ミルクマスク
【医薬部外品】20mL×4枚

Wの有効成分で肌あれと美白を同時にケア。
とろりとしたミルク美容液で透明感のある柔肌へ導くシートマスク。​

おすすめポイント
・Wの有効成分配合
抗炎症成分 グリチルリチン酸2K
美白有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド
・9種の保潤アミノ酸配合
・とろ~りミルク美容液でお肌をやわらかく整えてくれる
・敏感肌におすすめの繊維刺激の少ない密着やわらかシート、ベンリーゼ®採用。
・冷蔵庫で冷やしても使える

美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ
※グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

ニキビ・毛穴 すべすべしっとり肌マスク

ミノン アミノモイスト すべすべしっとり肌マスク
22mL×4枚

乾燥・テカリ、毛穴も気になる混合肌のスペシャル保湿ケア
肌をやわらげながら水分と油分を集中的に補い、キメの整ったみずみずしい肌へ。​

おすすめポイント
・ニキビのもとになりにくい処方※1
・とろ~りジェル美容液でしっとりうるおうのにべたつかない
・9種の保潤アミノ酸※2配合
・敏感肌におすすめの繊維刺激の少ない密着やわらかシート、ベンリーゼ®採用。
・気になる小鼻・フェイスラインをフルカバーする独自形状
・冷蔵庫で冷やしても使える

※1 すべての方にニキビができないというわけではありません
※2 グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

エイジングケア もちもちふっくら艶肌マスク

ミノン アミノモイスト もちもちふっくら艶肌マスク
24mL×4枚

濃密とろみ美容液でもちもちふっくら

おすすめポイント
・濃密なとろみ美容液でもちもちふっくら肌に
・9種の保潤アミノ酸配合
・敏感肌におすすめの繊維刺激の少ない密着やわらかシート、ベンリーゼ®採用。
・乾燥が気になる目元、たるみが気になるあご下まで覆ってフィットする独自形状

エイジングケア:年齢に応じたお手入れのこと
※グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

塗るパック ぷるぷるリペアジェルパック

ミノンアミノモイスト ぷるぷるリペアジェルパック
60g(約30日分)

シートマスクが面倒な日はスキンケアの最後に塗って寝るだけ。
うるおいを閉じ込める塗るパック。ぷるんともっちり肌へ​

おすすめポイント

・べたつかない、なめらかな質感のジェル美容液
・乾燥による小ジワを目立たなくします(効能評価試験済み)
・9種の保潤アミノ酸配合
・マッサージ不要・洗い流し不要
・ベタつかず、皮膜感がないので、朝のメイク前にもおすすめ

※グリシン、セリン、バリン、トレオニン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、アラニン、アルギニン

ミノンのパックは毎日使ってもいいの?

シートマスク自体は化粧品なので毎日使っても問題ありません

でも毎日のお値段を考えるとシートタイプはスペシャルケアとして使うのが良いかもしれません。
毎日使うにはコスパもよい塗るマスク ぷるぷるリペアジェルパックがおすすめです。

どちらも揃えておくとスキンケアの幅が広がりますね。

ミノン シートマスク・パックの値段は?

ミノンのシートマスクは4枚入りで1,200円〜1,500円(税抜)。
1枚あたり300円以上なので、決して安いとは言えないお値段です。

でもこだわったシート素材、処方、各種安全性試験などをおこなっているなど、敏感肌が気持ちよく使える工夫や詰まっているので、この価格、私は納得

でもできるだけ安く購入したいですよね。

ミノン シートマスクはドラッグストアやネットショップなどで購入できます。
LOHACOは定価なので、値段ではAmazonがおすすめです。

ミノンにはブランドサイトからリンクされているAmazonの公式ショップがあります。

ぷるぷるしっとり肌マスク 4枚入り 1,320円(税込)

うるうる美白ミルクマスク  4枚入り 1,650円(税込)

もちもちふっくら艶肌マスク4枚入り 1,650円(税込)

すべすべしっとり肌マスク4枚入り 1,320円(税込)
こちらはAmazonの公式ショップに掲載がなかったので、もう少しすると終売になるのかも知れません。

まとめ

ミノンのシートマスクは敏感肌のために開発されたこだわりが詰まったパックでした。

シートの素材はベンリーゼ®。
素材のお値段も高いのですが、敏感肌のことを考えて摩擦レスなシートを選んでいます。

美容液は粘度の高いジェル状。
これもシートとお肌とのクッションになって摩擦を防いでくれます。

アミノモイストの名前の通り、お肌のバリア機能を整えるアミノ酸を贅沢に9種類も配合。

美白・保湿・エイジングケア・ニキビ・毛穴など敏感肌の肌悩みに応えてくれる充実のラインナップ。
お肌が敏感でシートマスクは使えないとお悩みの方に、ぜひ試してみてほしいマスクです。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-シートマスク, スキンケア
-, , , , ,