日焼け止め

顔の日焼け止めの塗り直し 3つのおすすめ方法とは  

メイクの上から顔の日焼け止めの塗り直しをする女性のイメージ写真。クリーム、ローション、乳液、スティック、ジェルなど、どのようなタイプの日焼け止めでも顔に化粧の上から塗り直しがしやすいわけではありません。顔の塗り直しについておすすめをご紹介します。

メイクをしている時の、顔の日焼け止めの塗り直し、どのようにしていますか?

メイクの上から塗ったら崩れそうだし、でも焼けたくない…。

そのような方におすすめの日焼け止めの3つの塗り直し方法を、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

メイクの上から顔の日焼け止めを塗り直す3つの方法

ファンデーションなどのメイクをしているとき、わざわざメイクを落とさなくても、化粧の上から顔の日焼け止めを塗り直す方法は3つあります。

おすすめ度順にご紹介します。

  • おすすめ度① メイクの上から使える日焼け止めを使う
  • おすすめ度② パウダーで化粧直しをする
  • おすすめ度③ スプレータイプの日焼け止めを使う

おすすめ度①メイクの上から使える日焼け止めを使う

メイクをしているときの日焼け止めの塗り直し。面倒くさいと思っていませんか?

塗り直しのためにメイクを全部落として、またフルメイクとなると確かに面倒くさいですね。

でもファンデーションの上から塗り直しができたら少し楽になると思いませんか?

毎年進化し続ける日焼け止めですが、ついに待望のメイクの上から塗れる日焼け止めが登場しました。

それがカネボウ化粧品のALLIE(アリィー) クロノビューティ ラスティングプライマーUVです。

数ある機能の中でも大注目なのが、メイクの上から塗り直せるという点。

日焼け止めは塗り直さないと効果が持続しないというけれど、実際に塗り直しをしている人は少ないと言われています。

その原因の一つがメイクの上からなんて塗り直せない!というもの。

メイクの上から塗り直す時の崩れの原因は、日焼け止めに配合されている液状の油です。

これが原因になって、メイクの塗膜が崩れて、メイクが汚くなってしまうのです。

カプセル化技術によって、液状油が直接ファンデーションと触れない設計にすることで油がファンデーションと混ざりにくく、メイクの上から塗りなおしてもメイクが崩れにくい機能を実現しました。

この機能はこれからスタンダードになっていくかもしれません。日焼け止めの進化に今後も注目です!

合わせて読みたい

おすすめ度②パウダーで化粧直しをする

化粧(メイク、ファンデーション)の上から顔に使える日焼け止めパウダー(フェイスパウダー)のイラスト。パウダーファンデーション(パウダリーファンデーション、パウダーファンデ)、プレストパウダー、フェイスパウダーなどがある。

メイクをしている方に一番簡単な方法がこの化粧直しです。

ファンデーションをはじめとするベースメイクアップ化粧品には、UVカット効果のあるアイテムも多くあります。

わざわざ日焼け止めを使わなくても、UVカット効果のあるパウダーファンデーションやフェイスパウダーで化粧直しをするだけで、塗り直しと同じ効果があります。

選ぶポイントはSPF・PAの記載があるかどうか。

SPF20 PA++以上が目安です。

  • SPF・PAの記載があるもの
  • SPF20 PA++ 以上が目安
  • パウダーファンデーション
  • フェイスパウダー

アクセーヌのイプノス シーバムクリア プレストパウダー UVSPF44 PA+++の高い紫外線カット効果で、ニキビができやすい方でも使える優秀フェイスパウダーです。

【公式】アクセーヌオンラインショップ

おすすめ度③スプレータイプの日焼け止めを使う

化粧(メイク、ファンデーション)の上から使える日焼け止めスプレーのイラスト。

スプレータイプの日焼け止めも塗り直しに便利です。

日焼け止めスプレーはたくさんの量を塗りづらいのでメインの日焼け止めには不向きですが、顔だけでなく、髪の毛、手の届きにくい背中やストッキングの上からも使えます。

使うときは口や鼻から吸い込まないように注意しましょう。

合わせて読みたい

番外編|日焼け止めスティックを使う

化粧(メイク、ファンデーション)の上から使える日焼け止めスティックのイラスト。

手が汚れにくいと人気の日焼け止めスティック。
塗り直しにも便利です。
化粧の上から使えるものもありますので、パッケージを確認してみましょう。

合わせて読みたい

日焼け止めの塗り直しはなぜ必要?

化粧の上から日焼け止めで化粧直しをする女性の図。

朝塗った日焼け止め、塗り直しをしていますか?
SPF・PAが高いものを使っているから大丈夫と、塗り直しをしていない方もいらっしゃるかもしれません。

日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直しをするのが推奨されています。

ただこれは現実的ではないと思っています。

一方で、メイクが崩れるように、日焼け止めもその塗布膜がよれて不均一になってしまいます。
日焼け止めは透明なものが多いので目には見えていないだけです。

塗布膜が不均一になってしまうと、紫外線カット成分が凝集して、不均一に存在するため、遮光効果が低下してしまいます。

つまり、穴ができてしまい、そこから紫外線が通り抜けてしまうのです。

化粧の上から日焼け止めを塗り直す必要性について解説した図。左:日焼け止めを朝塗って、塗布膜が均一な状態。UVカット成分(紫外線散乱剤、紫外線吸収剤)が均一に肌を覆い、きちんとUVカットできている。右:塗布膜が不均一な状態。UVカット成分(紫外線散乱剤、紫外線吸収剤)が凝集し、不均一に存在し、UVカット効果が低下してしまう。

せっかく日焼け止めを塗ったのに焼けてしまう、そのようなことにならないためにも、塗り直しをきちんとしましょう。

合わせて読みたい

まとめ

メイクをしている顔の日焼け止めの塗り直しは大変と思っていた方もいらっしゃるかも知れません。

メイクを落とさずに顔の日焼け止めを塗り直す方法は3つあります。

  • メイクの上から使える日焼け止めを使う
  • パウダーで化粧直しをする
  • スプレータイプの日焼け止めを使う

今回ご紹介した3つの方法なら、わざわざメイクを落とさなくても、メイクの上から日焼け止めを塗り直すことができますよ。
きちんと日焼け止めを塗り直して、紫外線からお肌を守りましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-日焼け止め
-,