日焼け止め

【2022年】日焼け止めスティックはどこで売ってる?おすすめの日焼け止めスティックが売ってる場所

日差しを浴びる女性の画像。日焼け止めスティックを売ってる場所を探して、紫外線対策をおこなっている。

日焼け止めスティック、実は意外とドラッグストアなど身近に売っていません。
日焼け止めスティックはどこで買えるのか、売ってる場所を調べてみました。
日焼け止めスティックの種類、メリット・デメリット、使い方についても解説します。

本ページはプロモーションが含まれています。

日焼け止めスティックとは?

手が汚れず持ち運びにも便利で、素肌にもメイクの上からも直塗りできる「日焼け止めスティック」。 韓国でのブームから日本でも新たなUVケアアイテムとして注目が高まっています。

日焼け止めスティックと他の日焼け止めとの違い

日焼け止めスティックは日焼け止めの新たな剤型(タイプ)として注目されています。
日焼け止めにはクリームタイプやローションタイプ、スプレータイプなどいくつかの剤型(タイプ)があります。それぞれの特徴をまとめます。

日焼け止めのタイプと特徴

スティックタイプ
  • 水分が少なく、さらさらとしたベタつかない使用感。
  • 直接お肌に塗るので密着性が高い。主に顔用。
  • 紫外線防御成分だけでなく、顔料も配合できる。
  • ウォータープルーフ性が高い。
クリームタイプ
  • 乾燥感を感じにくいしっとりした使用感。
  • 化粧下地としても使いやすい。
  • 紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を多量に配合することができる。
  • ウォータープルーフ性が高い。
ミルク(乳液)タイプ
  • 乾燥感を感じにくいしっとりした使用感。
  • 化粧下地としても使いやすい。
  • のびがよく、ボディ用として使いやすい。
  • ウォータープルーフ性が高い。
ジェルタイプ
  • みずみずしく、さっぱりとした使用感。
  • のびがよく、ボディ用として使いやすい。
  • 紫外線吸収剤が配合されている場合が多い。
  • ウォータープルーフ性は低め。
ローションタイプ
  • さっぱりした感触でのびが良く塗りやすい。
  • のびがよく、ボディ用として使いやすい。
  • 使用直前に振り、紫外線散乱剤を均一に混ぜてから使用する。
  • ウォータープルーフ性が高い。
スプレータイプ
  • 塗布しやすくさっぱりとした使用感。
  • 髪や背中など手の届きにくいところにも塗りやすい。
  • 紫外線吸収剤が配合されている場合が多い。
  • ウォータープルーフ性は低め。
日焼け止めスプレーとクリームどっちがいい?その理由と使い分けを解説
日焼け止めスプレーとクリームどっちがいい?その理由と使い分けを解説

続きを見る

日焼け止めスティックのメリット・デメリット

日焼け止めスティックのメリット、デメリットについて示すイラスト。

日焼け止めスティックは、使いやすさ・使用感の面で、他の日焼け止めと大きく違います。

メリット

・手が汚れない
クリームやローションタイプの日焼け止めは塗るときに一度手のひらにとらないといけませんが、日焼け止めスティックはそのまま肌に直接塗ります。
手が汚れないので、外出先での塗り直しにもとても便利です。

・持ち運びに便利
日焼け止めスティックはコンパクトなタイプが多く、携帯するのに便利です。
化粧ポーチに入れておいても邪魔にならず、クリームやローションのように液もれの心配がないのもいいですね。

・さらさらしてベタつかない
日焼け止めスティックは水分の配合量が少ない固形タイプなので、塗った時のベタつきが少なく、さらさらとした仕上がりのものが多いです。
日焼け止めのベタつき感が気になる方におすすめです。

・白くならない
日焼け止めを塗ると白くなる、いわゆる白浮きがしにくいのも日焼け止めスティックのメリットです。
スティック自体が透明のものや、肌をきれいに魅せることができる色付きのものもあります。

デメリット

・コスパが悪い
日焼け止めに記載されているSPF・PAを発揮させようとすると、規定量の2 mg/cm2を使うことが必要です。
これは顔に使う時、重量換算すると約0.8 g
コンパクトな日焼け止めスティックは20g前後のものが多いので、きちんと日焼け止めを使うと20gだと25日分で1ヶ月もたない計算になります。

・塗り方に注意が必要
日焼け止めスティックはお肌に直接塗るため、摩擦による刺激が多少あります。
敏感肌や乾燥肌の方は摩擦が大きくなりやすいので、塗布前に化粧水や乳液、クリームなどで保湿をしておきましょう
スティックの滑りが良くなって摩擦刺激を低減できます。

・乾燥感を感じやすい
日焼け止めスティックは、水分の含有量が少なく、粉体の量が多い処方です。
このため乾燥感を感じやすいこともあります。 塗布前には保湿のスキンケアをしっかりしておきましょう。

・保管にも注意
まだお肌に直接使うものなので、清潔に使用するためにもワンシーズンで使い切りましょう
日焼け止めスティックは、液漏れはしにくいですが、固形成分が温度によって溶けることもあるので、あまりにも高温になるような場所には保管しないようにします。

日焼け止めスティックの種類

SPF50+・PA++++のuvカット効果のある日焼け止めスティックのイラスト。

日焼け止めスティックといってもさまざまな種類があります。 肌質や目的に合ったものを選びましょう。

紫外線防御成分

日焼け止めスティックには、紫外線(UV)をカットする成分である紫外線防御成分が配合されています。 紫外線防御成分は大きく分けて「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

種類紫外線散乱剤(ノンケミカル)紫外線吸収剤(ケミカル)
紫外線を防ぐ
しくみ
粉体表面で紫外線を反射・散乱紫外線散乱剤のメカニズムについて解説した図。紫外線散乱剤(ノンケミカル)の日焼け止めは粉体表面で紫外線(UV)を散乱、反射して紫外線をカットする。紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換紫外線吸収剤のメカニズムについて解説した図。紫外線吸収剤(ケミカル)の日焼け止めは紫外線(UV)を吸収して熱などのエネルギーに変換することで紫外線をカットする。
代表的な成分・酸化チタン(微粒子酸化チタン)
・酸化亜鉛(微粒子酸化亜鉛)
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・パラアミノ安息香酸
使用感白浮きすることがあるため
処方的工夫が必要
透明性が高く白浮きしにくい
皮膚刺激性物質の成分的な変化はなく
刺激を起こしにくい
反応性が高い成分でまれに
皮膚刺激を感じることがある

日焼け止めスティックは紫外線吸収剤が配合されているものが多いです。 お肌が敏感な方は、紫外線吸収剤不使用(紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル)と記載されているものを選びましょう。

ビーチに日焼け止め、サングラス、貝殻が落ちている画像。日焼け止めに配合される紫外線吸収剤とは?その成分についてメリットとデメリット、肌に悪い?など解説します。
【日焼け止めの基礎知識】紫外線吸収剤とは?紫外線を防ぐ2種類の成分について解説

続きを見る

色(透明タイプ、色つきタイプ)

日焼け止めスティックには白くなりにくいのが特長です。 見た目も色々なものがあります。

透明タイプ
スティック自体が透明です。 紫外線散乱剤は配合されていません。
白くならないので、顔だけでなくボディ用として、また男性の方にもおすすめです。

塗ると透明になるタイプ
スティック自体には白っぽく色がついていますが、塗ると透明になります。
クリームタイプやローションタイプの日焼け止めと同じですね。
紫外線吸収剤のほかに紫外線散乱剤もバランスよく配合されていることが多いです。

色つきタイプ
紫、肌色、ピンクなど塗るとお肌に色がついて肌色を補正し、化粧下地効果があります。
肌色タイプは1本でファンデーションとしても使えて便利です。

「色つきの日焼け止め」について詳しくはこちらで紹介しています。

色付き(色つき)の日焼け止めのバルク画像。クリーム、ミルク(乳液)、ジェルタイプ。左からピンク、ピンクベージュ、ベージュ(イエロー)、パープル(紫、ラベンダー)、グリーン(緑)の色がついている。
【2023年最新】日焼け止めは色つきがオススメ!色別の効果とおすすめを解説

続きを見る

使用部位

日焼け止めスティックは顔用、顔・からだ用、部分用と容量や形によって使いやすい部位が異なります。

顔用
色付きのものやコンパクトなものは顔専用のものが多いです。

顔・からだ用
ボディ用としても使えるものは容量が大きめで、形も工夫がされています。
広い面積に塗りやすいよう、弓形の形状をしているものがあります。

部分用
顔用よりも細身で、スティックコンシーラーのような形をしています。
細かい部分に塗りやすく、化粧直しに便利です。

日焼け止めスティックはどこで買える?

日焼け止めスティックはどこで買える?購入場所を紹介します。

ドラッグストアやスーパーなどの日焼け止め売り場ではクリームやジェルタイプが多く、意外と売っていない日焼け止めスティック。購入場所は以下を参考にしてみてください。
次の章では、商品別に購入場所をご紹介しています!

バラエティショップで買う
プラザ、ロフトなどトレンドに強いバラエティショップは日焼け止めスティックも豊富に取り扱っています。
ネットでも購入できるところが多いです。

日焼け止めスティックが買えるバラエティショップ

ネットショップで買う
amazonや楽天、また韓国製の化粧品を安く購入できるqoo10など、大手ECサイトでも購入できます。
韓国製の日焼け止めスティックをはじめ、お得に購入できるものもあります。

日焼け止めスティックが買えるネットショップ

肌質や用途別 おすすめの日焼け止めスティックの購入場所

肌質や機能別におすすめの日焼け止めスティックが買える場所をご紹介します。

ボディにも使える顔・からだ用

顔だけでなくボディにも使うなら、塗りやすいカーブ型のビューティヴェールやネイチャーリパブリックがおすすめです。腕やデコルテ、目元や小鼻の際にもしっかりフィットします。

【ビューティヴェール】パウダリーUVスティック

パウダーインタイプで、何度塗り直してもベタつかない、サラサラの使い心地。
容器が弓形の絶妙カーブ設計になっているため、ほほや首筋、腕の湾曲した部分にもピッタリとフィットし、ムラなく塗ることが出来ます。
幅広タイプなので、脚などの広範囲への塗布も簡単です。

内容量・価格20g 1,430円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【ネイチャーリパブリック】パウダリーアロエUVスティック


「とことんさらさら」を目指したこだわりの使用感。
穴のあいた多孔性パウダーが余分な皮脂を吸着。ベタつきを抑えてサラサラの感触をキープ。
カーブ型で目の際、小鼻にもしっかりフィットします。

内容量・価格24g 1,490円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

ファンデーションとしても使える

【ハウスオブローゼ】Oh!Baby ナチュラル BBスティック PK(ピンクオークル)

温泉水*コスメ“Oh!Babyシリーズ”から日やけ止め・化粧下地・コントロールカラー・ファンデーション・コンシーラーの5機能が揃ったスティックタイプのBBクリーム。

お肌に触れた瞬間ジュワッととろけるようにのび、ピタッと密着。

赤みのある明るめのピンクオークル(PK)でソフトフォーカスパウダー・黄ぐすみ防止パウダーを配合。ひと塗りで気になるくすみ・毛穴をカバーしてくれます。

内容量・価格8g 1,650円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF35紫外線吸収剤フリー
PAPA+++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー×
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【ノブ】UVスティックEX

敏感肌向けスキンケアブランド、ノブの日焼け止めスティック。
自然な肌色で、ファンデーションとしても使えます。
アレルギーテスト、ノンコメドジェニックテスト済みで、敏感肌やニキビ肌の方にもおすすめです。
※すべての方に、アレルギーが起こらない、ニキビができないわけではありません。

内容量・価格3,300円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー×
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【m.m.m】ムー スキンエクスパート UVスティック

「塗るあぶらとり紙」として人気のスキンスムーザーを展開するm.m.m(ムー)から、汗や水に強いウォータープルーフ処方の日焼け止めスティックが新登場。

絶妙なベージュカラーが色むらやくすみをカモフラージュし、ブライトアップ効果でワントーン明るい肌に。
紫外線をブロックしつつ、毛穴を目立たなくしサラサラでセミマットな肌に整えます。
※メイクアップ効果によるもの

内容量・価格30g 3,990円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF40紫外線吸収剤フリー
PAPA++グリセリンフリー×
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

色つき・トーンアップ

【コーセー】サンカット サンカット® プロディフェンス トーンアップUV スティック

透明感と血色感を与えて、瞬時にくすみのない明るい美肌にトーンアップするラベンダーカラー。
アレルガード機能搭載。お肌に密着して、花粉・ちり・ほこりなどの環境ストレスからまもります。

内容量・価格20g 2,200円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー×
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー×
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【石澤研究所】紫外線予報 メイクを守るUVスティック

UVケアしながら毛穴をカバーしてなめらかなスムーススキンに仕上げる、スティックタイプのメイク下地。
凸凹肌をフラットに整え、自然にトーンアップ。皮脂吸着パウダー配合で、テカリを防いでサラサラ肌に。
※メイクアップ効果によるもの

内容量・価格 6.3g 1,815円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー×
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー×
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

敏感肌・子どもも使える

【石澤研究所】紫外線予報 さらさらUVスティック

1歳から使えて、ボディにも塗りやすい幅広の透明スティック。
LDKの日焼け止め 焼けにくさ部門で「A+」評価を受けた話題の商品です。
パウダーインタイプなので、何度塗り直してもサラサラが続きます。

内容量・価格15g 1,870円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー×
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【マザー&ドーター】クリアUVスティック

肌に優しい低刺激処方で3歳以上のお子様や敏感肌※1の方も使えます。
パッチテストも実施済み※2
石けんで落とせるので子供もお風呂で落としやすいのが◯。

※1 すべての人に肌トラブルがおきないわけではありません。
※2 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。

内容量・価格15g 1,760円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー×
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【マムマム】UV プロテクトスティック


3歳以上のお子様と一緒に使えるさらさらな仕上がりの透明タイプでUVスティック。
ウォータープルーフタイプで汗ばむ季節もバッチリ!なのに、石けんで簡単に落とせます。

内容量・価格1,540円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

「お子様におすすめの日焼け止めスティック」について詳しくはこちらで紹介しています。

海で日差しの中、帽子をかぶり、紫外線対策をしている親子の画像。紫外線対策として、子供、赤ちゃんにおすすめの日焼け止めスティック、日焼け止めクリームを持っている。
お子様には日焼け止めスティックがおすすめ!その理由とおすすめの日焼け止めスティック3選

続きを見る

ニキビ肌

【資生堂】SHISEIDO サンケア クリア サンケア スティック

熱や汗・水によって防御膜が強くなる※1資生堂独自のシンクロシールドTM※2を搭載。
強力な紫外線からもしっかり守る日焼け止めスティックです。

アレルギーテスト済み※3、ニキビのもとになりにくい処方※4で、敏感肌にもニキビ肌にもおすすめです。

また、資生堂では海を中心に、環境と肌のどちらも守る取り組みを進めています。
海へ入った際に溶出が少ない設計に加えて、パッケージ(袋)に資生堂で初めて96%生分解性素材が採用されています。

※1 サンスクリーン膜の均一性を高め、安定に保つ ※2 ウェットフォーステクノロジー・ヒートフォーステクノロジー ※3 すべての方に、アレルギーが起きないわけではありません。 ※4 すべての方に、ニキビができないわけではありません。

内容量・価格20g 3,080円 (税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

男性・メンズ用

【資生堂】SHISEIDO メン クリアスティック UVプロテクター

日中の強力な紫外線から肌を守るだけでなく、熱や汗・水によって防御膜が強くなる※1資生堂独自のシンクロシールドTM※2を搭載。
高い耐久性で、海に入るときやスポーツ時にも使えます。

乾燥や空気中のちり、ホコリなどの環境ダメージからも肌をプロテクト。
アレルギーテスト済み※3、ニキビのもとになりにくい処方※4で、敏感肌にもニキビ肌にもおすすめです。

※1 サンスクリーン膜の均一性を高め、安定に保つ ※2 ウェットフォーステクノロジー・ヒートフォーステクノロジー ※3 すべての方に、アレルギーが起きないわけではありません。 ※4 すべての方に、ニキビができないわけではありません。

内容量・価格20g 3,080円 (税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

部分用

【shushupa!】シュシュパ UVカット&リタッチスティック

紫外線をしっかりブロックしながら、サッとひと塗りでメイク直しができるUVスティック。
Tゾーン、頬、小鼻にピンポイントで使えて、テカリやメイク崩れをサラサラに整えてくれます。

内容量・価格3.6g 1,320円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー×

公式サイトで購入する

【KAHI】アクアバーム

""

韓国で新しいスキンケア習慣をつくったとして話題のスキンケアブランド「KAHI」。

中でも、スティック型スキンケア商品である「マルチバーム」は、ゆっくりスキンケア時間をもちたいと思いつつも忙しい今を生きる女性たちから好評で“スティックスキンケアのパイオニア”と呼ばれるまでになりました。

水分&美容成分たっぷりのサンケアスティック「アクアバーム」は、「KAHI エクスティン Cバーム」と一緒に使うのがおすすめです。

内容量・価格9g 3,410円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

香り・パッケージにこだわる

【サヴォンアンドカンパニー】エアリストUVスティック

SAVON&CO.から誕生したAiriestシリーズから2種類の香りの日焼け止めスティックが発売。
まるで空気のような軽い付け心地で塗った感ゼロのUVスティックです。

◆サボンドゥ バス
すがすがしい朝。透明感ある清潔な香りに包まれた目覚めのバスルームから始まる素敵な一日。
軽快なベルガモット、カシスに清潔感あふれるフローラルを合わせたサボンフローラルの香り。

◆サボンドゥ スイート
憧れのリゾートホテル。心地よい風が舞い込むスイートルームで過ごす特別なひととき。
ジャスミンとペアーの瑞々しく甘美な香りにミュゲの透明感のある上品な香りが重なる、フローラルフルーティーの香り。

内容量・価格15g 1,760円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー×

公式サイトで購入する

サボンドゥ バスはこちら

【ジュールベルニ】 サボンドゥブラン エチケットコントロールクールUVスティック

Ag配合&爽やかなサボンドゥブランの香りで、UVケアと一緒に臭いのエチケット対策※2もできる日焼け止めスティック。
※1 銀(保湿成分) ※2 フレグランス効果によるもの

内容量・価格15g 1,540円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

【ミシャ】MISSHA JAPAN アピュー ジューシーパン UVスティック

手を汚さずに簡単に塗り直しができるUVスティックに、数量限定パッケージが登場。
3種類のアイスキャンディーのような涼し気なクリアカラーで、楽しく使えるフルーツの香り付き。

RD01 リンゴバー
OR01 オレンジバー
GR01 マスカットバー

内容量・価格15g 1,650円(税込)メイクの上からも使える
SPFSPF50+紫外線吸収剤フリー×
PAPA++++グリセリンフリー
ウォータープルーフ汗や水に強い撥水タイプ酸化亜鉛フリー
石けんで落とせるアルコールフリー

公式サイトで購入する

OR01 オレンジバーはこちら
GR01 マスカットバーはこちら

日焼け止めスティックの使い方

表示されているSPF・PAのUVカット効果をきちんと発揮させるためには正しく使うことが大切です。

塗る順番

日焼け止めスティックを塗る順番は「保湿スキンケア→日焼け止めスティック→ベースメイク」の順です。
化粧水や乳液、クリームの後に使うことで、スティックの滑りがよくなり、お肌に負担が少なく塗布できます。

使用順序

日焼け止めスティックの塗り方について順番を示したイラスト。スキンケア、日焼け止めスティック、ベースメイクの順番で使用する。アイテムとしては、化粧水→乳液→クリーム→日焼け止めスティック→化粧下地→リキッドファンデーション、パウダーファンデーション→フェイスパウダーの順番。

肌色タイプのものをファンデーションとして使う場合は、置き換えて使用します
最後にフェイスパウダーを使うと仕上がりもより美しく、化粧もちも高まります。

bbクリームと日焼け止めの順番についてどっちが先?
BBクリームと日焼け止めを使う順番は?どちらが先?

続きを見る

塗り方

スキンケアでお肌をととのえた後、スティックを容器から0.5〜1 cmほど繰り出し、頬・額・あご・鼻などに直接つけてゆっくり動かし、塗りムラのないようにたっぷりと塗ります。

コツは塗ったところが重なるように。
目のキワや鼻の周辺などスティックがフィットしにくい部分は、指でスティックをなでるようにして取り、なじませるのがおすすめです。

落とすときは、クレンジングや洗顔料できちんと落としましょう。

顔に日焼け止めを塗っている女性の写真。顔の日焼け止めを塗る順番や塗り方について悩みがある。
顔の日焼け止めの塗り方3つのポイント 塗る順番・量はこれが正解!

続きを見る

ちゃんと塗れているか不安?

塗ると透明になる日焼け止めスティックはちゃんと塗れているのかわからない、と不安になる方も多いです。

ビューティヴェール パウダリーUVスティックを使用した時の動画がとてもわかりやすいです。

紫外線吸収剤はUVカメラを当てると、紫外線を吸収し、黒く見えます
最初の9秒くらいのところで映る商品のスティックの部分は真っ黒ですよね。

スティックを塗っていくと、塗ったところが黒くなるのがよくわかります。
もちろん塗りむらのないように、ランダムでなくある程度規則的に塗るのがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?今年ブームの日焼け止めスティック。使ってみるととても便利です。ぜひお肌に合った一本を見つけてみてくださいね。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-日焼け止め
-,