敏感肌 日焼け止め

肌荒れで日焼け止めが塗れない…肌荒れが気になるときの日焼け止めの選び方

肌荒れで日焼け止めが塗れない、と悩む敏感肌の女性の画像。日焼け止めで肌荒れしてブツブツができてしまう。肌荒れ時にも使えるおすすめの日焼け止めを探している。

肌荒れして日焼け止めが塗れないとお悩みの方へ、肌荒れが気になるときのおすすめの日焼け止めをご紹介します。

本ページはプロモーションが含まれています。

肌荒れしている時に日焼け止めは塗ってもいい?

肌荒れや乾燥が気になる時の紫外線対策はどのようにしていますか?

“肌荒れが悪化しそう”と日焼け止めを使いたくなかったり、実際に普段お使いの日焼け止めが合わなくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

でも肌荒れが気になるからと紫外線対策をしないと、その肌荒れはどんどん悪化してしまいます。

紫外線は百害あって一利のみ
この一利は体内でのビタミンDの生合成ですが、食事や日常生活で浴びる日差しで十分ですので気にする必要はありません。

紫外線はほぼ害しかありません。

紫外線を浴びると私たちの体の中で「活性酸素」が発生します。活性酸素は細胞にダメージを与え、表皮では表皮細胞(ケラチノサイト)から炎症性サイトカインと呼ばれる炎症を誘発する物質が産生されます。

さらにメラノサイトではメラニンが産生され、シミ・そばかす、くすみにつながります。真皮ではお肌のハリや弾力に関わるコラーゲンやエラスチンを変性させます。

お肌が荒れていると、上記の紫外線によるダメージの影響をより強く受け、ますますお肌が荒れてしまうという悪循環につながってしまいます。

肌荒れが気になる時こそ、紫外線対策が必要です。

肌荒れ時の日焼け止めの選び方 5つのポイント

お肌が敏感になっている時は、使う日焼け止めによってはお肌に合わなかったり、皮膚状態を悪化させてしまうこともあります。

お肌に合った日焼け止めを選ぶことがとても大切です。

肌荒れが気になるときの日焼け止めの選び方 5つのポイント

  1. 紫外線吸収剤不使用
  2. 肌荒れ防止成分配合
  3. 低刺激性
  4. 伸びがよい
  5. 落としやすい

ポイント① 紫外線吸収剤不使用

紫外線をカットする成分は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つに分けられます。

肌荒れが気になる方は紫外線吸収剤不使用(紫外線吸収剤フリー)のノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

ノンケミカルの日焼け止めにはパッケージに記載がありますので確認してみてくださいね。

紫外線散乱剤と吸収剤の違いについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ビーチに日焼け止め、サングラス、貝殻が落ちている画像。日焼け止めに配合される紫外線吸収剤とは?その成分についてメリットとデメリット、肌に悪い?など解説します。
【日焼け止めの基礎知識】紫外線吸収剤とは?紫外線を防ぐ2種類の成分について解説

続きを見る

ポイント② 肌荒れ防止成分配合

化粧水や乳液などの保湿スキンケアと同じように、日焼け止めにも肌荒れ防止成分を配合することができます。

医薬部外品の有効成分として次のような肌荒れ防止成分があります。

・グリチルレチン酸ステアリル
・グリチルリチン酸2K(ジカリウム)
・ナイアシンアミド

ナイアシンアミドには肌荒れ防止だけでなく、美白効果やシワ改善効果もあります。
シミ、シワも気になる敏感肌の方におすすめの成分です。

ナイアシンアミド配合の日焼け止めについて詳しくはこちらで紹介しています。

光の中に日焼け止めの容器が置かれた画像。シミ・シワが気になる方は、ナイアシンアミド配合のシワ改善・美白の攻めのUVケアアイテムでエイジングケアしましょう。光の中に日焼け止めの容器が置かれた画像。シミ・シワが気になる方は、ナイアシンアミド配合のシワ改善・美白の攻めのUVケアアイテムでエイジングケアしましょう。
日焼け止めの新常識!ナイアシンアミド配合の攻める日焼け止めで「UVカット+美白+シワ改善」

続きを見る

ポイント③ 低刺激性

使う日焼け止めそのものがお肌への刺激にならないよう、低刺激性の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めを使って皮膚刺激やアレルギーが起こらないことを確認するパッチテストやアレルギーテスト※1をおこなっているものがおすすめです。
ニキビや吹き出物も気になる方は、ノンコメドジェニックテスト済み※2の表示も合わせて確認しましょう。

ニキビ肌の方におすすめの日焼け止めについて詳しくはこちらで紹介しています。

中学生、高校生の思春期ニキビ(中学生ニキビ)に悩んでいる女の子の画像。思春期ニキビにおすすめの日焼け止めについて知恵袋などで検索して探している。
思春期ニキビの紫外線対策 −中学生におすすめの日焼け止め−

続きを見る

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方に、ニキビができないわけではありません。

ポイント④ 伸びがよい

お肌が荒れているときは、使用時にお肌への負担が少ないものを選ぶと良いでしょう。
伸びが悪いと、塗る時にお肌をこすってしまい、摩擦刺激になってしまいます。

ローションタイプやミルクタイプなど、伸びが良いものを選びましょう。

ポイント⑤ 落としやすい

肌荒れが気になる敏感肌の女性が日焼け止めを石鹸(石けん)やクレンジング(メイク落とし)を使って洗顔しているイラスト。

塗るとき、塗っているとき、落とすときまでお肌にやさしい日焼け止めが理想です。

日焼け止めを落とすときにお肌をゴシゴシこすってしまうと摩擦刺激になったり、また完全に落としきれずに日焼け止めがお肌に残ると、肌荒れを悪化させてしまうこともあります。

最近はウォータープルーフタイプのものでも石けんで落としやすいものも多くあります。
もし石けんだけで落としにくいと感じたらクレンジングを使いましょう。

敏感肌の方におすすめのクレンジングについて詳しくはこちらで紹介しています。

【ゼロから始めるクレンジング入門】タイプ別にクレンジング力やおすすめの肌質を徹底比較!

続きを見る

肌荒れ時におすすめの日焼け止め

肌荒れが気になる方におすすめの日焼け止めをご紹介します。

肌荒れ防止成分配合の医薬部外品

【キュレル】潤浸保湿 UVクリーム (医薬部外品)

【キュレル】潤浸保湿 UVクリーム (医薬部外品)<全成分表示>有効成分:グリチルレチン酸ステアリル その他の成分:水、ジメチコン、低温焼成酸化Zn、BG、微粒子酸化Ti、アスナロエキス、シュガースクワラン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、POE・ジメチコン共重合体、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジメチルパルミチルポリシロキサン、ジメチルシロキサン・メチル(ウンデシルグリセリルエーテル)シロキサン共重合体、硫酸Mg、メチルハイドロジェンポリシロキサン、水酸化Al、ステアリン酸、ユーカリエキス、パルミチン酸デキストリン、PEG1540

乾燥性敏感肌のためのブランド「キュレル」の低刺激性U V。
負担感のないやさしい使い心地の濃厚なクリームタイプで、紫外線・乾燥から肌を守り、消炎剤配合で肌荒れを防ぎます。

おすすめポイント
・肌荒れを防ぐ有効成分 グリチルレチン酸ステアリル配合
・花王独自のセラミド機能成分配合

内容量・価格 30g 1,650円(税込) ノンコメドジェニックテスト
SPF SPF30 紫外線吸収剤フリー
PA PA+++ アルコールフリー
タイプ クリームタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト※2 石けんで落とせる

※1 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド ※2 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※3 すべての方にニキビができないわけではありません。

Amazon公式で購入する

【ノブ】ノブ Ⅲ バリアクリーム U V(医薬部外品)

【ノブ】ノブ Ⅲ バリアクリーム U V(医薬部外品)<全成分表示>有効成分:グリチルリチン酸2K その他の成分:水、シクロペンタシロキサン、低温焼成酸化亜鉛、BG、濃グリセリン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、セスキイソステアリン酸ソルビタン、微粒子酸化チタン、ジメチコン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、スクワラン、ベタイン、ヒアルロン酸Na-2、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンE、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、グリセリルグルコシド液、トリメチルシロキシケイ酸、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、メチルハイドロジェンポリシロキサン、含水ケイ酸、無水ケイ酸、フェノキシエタノール

敏感肌・ニキビ肌のためのブランド「ノブ」の紫外線だけでなく、花粉や大気汚染物質などの日中の外部刺激からもお肌を守ってくれるクリームタイプの日焼け止め。

おすすめポイント
・肌荒れを防ぐ有効成分 グリチルレチン酸ステアリル配合
・バリア機能の3因子 セラミド3・スクワラン・アミノ酸配合

内容量・価格 30g 4,400円(税込) ノンコメドジェニックテスト※2
SPF SPF45 紫外線吸収剤フリー
PA PA+++ アルコールフリー
タイプ クリームタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト 石けんで落とせる

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方にニキビができないわけではありません。

公式サイトで購入する

【IHADA】イハダ 薬用UVスクリーン(医薬部外品)

【IHADA】イハダ 薬用UVスクリーン(医薬部外品)<全成分表示>有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム その他の成分:常水,ワセリン,デカメチルテトラシロキサン,メチルポリシロキサン,メチルフェニルポリシロキサン,濃グリセリン,ジプロピレングリコール,ポリアクリル酸アルキル,セバシン酸ジイソプロピル,PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン,ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3,ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),水酸化アルミニウム,含水ケイ酸,無水ケイ酸,ステアリン酸,低粘度メチルハイドロジェンポリシロキサン,ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト,クエン酸,クエン酸ナトリウム,メタリン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,フェノキシエタノール,酸化チタン,低温焼成酸化亜鉛

高精製ワセリン(肌うるおいバリア保護成分)配合で、かさかさしない肌ざわりと被膜感のない使い心地を実現。赤ちゃんから大人まで、家族で使えます。

おすすめポイント
・肌あれ・ニキビなどの肌トラブルを予防する有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム配合
・ウォータープルーフなのに石けんで落とせる
・赤ちゃんから大人まで使える、低刺激設計

内容量・価格 50g 1,760円(税込) ノンコメドジェニックテスト※2
SPF SPF50+ 紫外線吸収剤フリー
PA PA+++ アルコールフリー
タイプ ローションタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト 石けんで落とせる

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方にニキビができないわけではありません。

公式サイトで購入する

化粧下地としても使える色補正

【ミノン】アミノモイスト ブライトアップベース UV

【ミノン】アミノモイスト ブライトアップベース UV<全成分表示>水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ミリスチン酸オクチルドデシル、トリエチルヘキサノイン、ペンチレングリコール、BG、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、トリメチルシロキシケイ酸、ラウロイルリシン、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、塩化Na、水酸化Al、ステアリン酸、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリベヘニン、フェノキシエタノール、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トコフェロール、グリチルレチン酸ステアリル、メチコン、ソルビトール発酵多糖、ナイロン-12、シリカ、メドウフォーム油、カルノシン、タウリン、グリセリン、リシンHCl、ポリクオタニウム-61、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、酸化スズ、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、タルク、ジメチコン、窒化ホウ素、酸化鉄

バリア機能をサポートする9種の保潤アミノ酸+2種の清透アミノ酸を配合。紫外線、乾燥などから敏感なお肌を守る化粧下地UVです。
医薬部外品に肌荒れ予防成分として配合されるグリチルレチン酸ステアリルを配合。

おすすめポイント
・白浮きしないふんわりベージュ色で、肌色を自然にトーンアップ
・バリア機能をサポートする11種類のアミノ酸配合

内容量・価格 25g 1,760円(税込) ノンコメドジェニックテスト※2
SPF SPF47 紫外線吸収剤フリー
PA PA+++ アルコールフリー
タイプ クリームタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト 石けんで落とせる ×

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方にニキビができないわけではありません。

LOHACOで購入する

【オルビス】サンスクリーン(R)オンフェイス モイスト(クリームタイプ)

サンスクリーン(R)オンフェイス モイスト <全成分表示>水、シクロペンタシロキサン、BG、酸化チタン、グリセリン、ベヘニルアルコール、シクロヘキサシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水酸化Al、ジメチコン、ポリアクリル酸Na、含水シリカ、酸化亜鉛、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、ステアロイルラクチレートNa、ローズマリーエキス、トコフェロール、トリメトキシシリルジメチコン、マイカ、酸化スズ、タルク、シリル化シリカ、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、ハイドロゲンジメチコン、キサンタンガム、酸化鉄、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、トリステアリン酸ポリグリセリル-10、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ココグリセリル硫酸Na、クエン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン

1本で2役!化粧下地機能つきの色つき日焼け止め。
白浮きを防いで素肌感を大切にしつつ、紫外線などのダメージから肌を守ってくれます。

おすすめポイント
・白浮きしない色つきタイプ
・気になる毛穴、色ムラをカバーできる
・オイルフリー

内容量・価格 35g 1,056円(税込) ノンコメドジェニックテスト※2
SPF SPF34 紫外線吸収剤フリー
PA PA+++ アルコールフリー
タイプ クリームタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト 石けんで落とせる

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方にニキビができないわけではありません。

LOHACOで購入する

【ディセンシア】サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート

【ディセンシア】サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート <全成分表示>シクロペンタシロキサン、水、酸化チタン、BG、グリセリン、PEG-10ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、酸化亜鉛、ジメチコン、カプリリルメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、水酸化Al、メタクリル酸メチルクロスポリマー、グリチルリチン酸2K、セラミド2、モモ葉エキス、アーチチョーク葉エキス、ムラサキシキブ果実エキス、カニナバラ果実エキス、オウゴン根エキス、エクトイン、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、フィトステロールズ、ポリHEMAグルコシド、クエン酸Na、クエン酸、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG-32、PEG-6、セタノール、エチルヘキシルグリセリン、酸化鉄、硫酸Mg、ハイドロゲンジメチコン、含水シリカ、トリメトキシシリルジメチコン、ステアロイルグルタミン酸2Na、シリカ、タルク、マイカ、オレイン酸ポリグリセリル-2、フェノキシエタノール

1本で紫外線をカットしながらナチュラルな透明美肌に仕上げる多機能な敏感肌用CCクリーム。
敏感肌の"くすみ"に着目。
炎症などによる赤ぐすみ、糖化による黄ぐすみ、乾燥による青ぐすみをそれぞれカバーする3色のパールを配合。
ひと塗りで明るくクリアな肌を演出してくれます。
医薬部外品に肌荒れ予防成分として配合されるグリチルレチン酸2Kを配合。

おすすめポイント
・SPF50+ PA++++ 国内最高のUVカット効果
・肌荒れによるくすみをカバーして明るくトーンアップ

内容量・価格 25g 4,950円(税込) ノンコメドジェニックテスト※2
SPF SPF50+ 紫外線吸収剤フリー
PA PA++++ アルコールフリー
タイプ クリームタイプ ウォータープルーフ
アレルギーテスト 石けんで落とせる

※1 すべての方にアレルギーが起こらないわけではありません。 ※2 すべての方にニキビができないわけではありません。

公式サイトで購入する

CCクリームとBBクリームの違いについて詳しくはこちらで紹介しています。

bbクリームと日焼け止めの順番についてどっちが先?
BBクリームと日焼け止めを使う順番は?どちらが先?

続きを見る

お肌に優しい日焼け止めの使い方 3つのポイント

お肌に合った日焼け止めを選んでも、使い方が間違っているとせっかくの日焼け止めの効果が発揮されなかったり、肌荒れを悪化させてしまったりします。

正しく使いましょう。

ポイント① 使用量をまもる

日焼け止めに表示されているSPF・PAは規定量を塗った時の数値です。
規定量とは「2mg/cm2」。

目安量で言うと以下のようになります。

少し多いかなを思うくらいがちょうど良いです。
日焼け止めの効果をきちんと発揮させるためにも使用量を守りましょう。

日焼け止めの使用量について詳しくはこちらで紹介しています。

日焼け止めの使用量の目安は?一本でどのくらいもつ?内容量別に使用可能日数をご紹介!30g/60g/80g/90g/100g 早見表付き

続きを見る

ポイント② 使用順序をまもる

日焼け止めは、化粧水や乳液などの保湿スキンケアをしてから塗りましょう。お肌がしっとりしている状態で塗ることで、摩擦刺激を減らすことができます。

日焼け止めの使用順序について詳しくはこちらで紹介しています。

顔に日焼け止めを塗っている女性の写真。顔の日焼け止めを塗る順番や塗り方について悩みがある。
顔の日焼け止めの塗り方3つのポイント 塗る順番・量はこれが正解!

続きを見る

ポイント③ こすらない

お肌が荒れているとき、日焼け止めを擦り込むように塗ると摩擦刺激になってしまいます。

伸びの良い日焼け止めを選んで、こすらず優しく塗りましょう。落とすときも、石けんで落としにくいときは、こすって落とすよりはクレンジングを使ってサッと落としてしまった方がお肌への負担は少なくなります。

敏感肌の方におすすめのクレンジングについて詳しくはこちらで紹介しています。

【ゼロから始めるクレンジング入門】タイプ別にクレンジング力やおすすめの肌質を徹底比較!

続きを見る

それでも日焼け止めが塗れないときは

これまでにご紹介した日焼け止めは、敏感肌の方でも使えるように開発された処方のものばかりですが、これらも合わない方は参考にしてみてください。

皮膚科で相談する

敏感肌の方は紫外線吸収剤フリー、つまり紫外線散乱剤のみで作られた日焼け止めが推奨されていますが、実は酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線散乱剤が合わないという方もいらっしゃいます。

また日焼け止め中のその他の成分が合わない可能性もあります。

化粧品で合わないものが多い方は合わない成分がわかっているようならその成分を避けて選びましょう。
また合わない成分があるかもしれないという方は、一度皮膚科専門医に相談してみても良いかもしれません。

皮膚科では成分パッチテストをやってくれる施設もあります。

酸化亜鉛と金属アレルギーの関係について詳しくはこちらで紹介しています。

アレルギー性の皮膚の症状が気になる肌が敏感な女性の写真。たるみ、シワなど光老化による真皮の変化も気になり、uva、uvbのダメージから肌を防御するエイジングケアもしたい。紫外線「吸収」剤不使用のノンケミカルのサンスクリーン(sunscreen)剤、ファンデーション、化粧下地の選び方に悩んでいる。
金属アレルギーがあると酸化亜鉛配合の日焼け止めは使えない?

続きを見る

“日焼け止め”にこだわらなくてもいい

紫外線対策のためのスキンケアに「日焼け止め」にこだわっていませんか?

日焼け止めはあくまでもアイテム名。

紫外線カット効果はSPFとPAで示されます。
つまりSPFとPAが表示されていれば、紫外線対策ができるのです。

お使いの化粧下地やファンデーションなどのメイクアップ化粧品にSPF・PAは表示されていませんか?
もし記載があるようなら、それは立派な日焼け止めです。

もちろん「日焼け止め」は紫外線対策のための優れたアイテムですが、使えないものを無理に使う必要はありません。

SPF30 PA++以上あればより安心ですが、多少低くてもまずは塗ることが大切です。
帽子やサングラス、長袖の衣類なども活用しましょう。

SPFは高いほど良いわけではない理由について詳しくはこちらで紹介しています。

【日焼け止めの基礎知識】「S P F・P A」とは?意味や違いをわかりやすく解説

続きを見る

まとめ

お肌が荒れて敏感になっているときも紫外線対策は必要です。肌荒れが気になるときもお肌に合った日焼け止めを選んでスキンケアをしましょう。

ロレアルが開発した新しい美白アプローチ成分、「MELASYL(メラジル)」配合の美容液のイメージ写真。ラロッシュポゼ メラB3はMELASYL(メラジル)配合でシミ(色素沈着)まで浸透してメラニンの生成を抑え、美白効果が期待できます。

スキンケア

2024/5/13

【成分解説】MELASYL(メラジル)とは?ラロッシュポゼ メラB3セラムの新美白アプローチ

ロレアルから発表された新美白アプローチ成分「MELASYL(メラジル)」。 これまでの美白有効成分とは全く違うアプローチで、シミの元となるメラニン生成の過程をブロックすると世界で注目されている成分です。 そんなメラジルがラロッシュポゼの美容液メラB3に配合され、待望の日本上陸。 この記事では、美白で大注目の新成分「MELASYL(メラジル)」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 シミ(色素沈着)はどうやってできる? 色素沈着とは、メラ ...

ReadMore

顔のニキビ、背中ニキビに悩む女性が洗面台で悩んでいるイメージ写真。コラージュフルフル泡石鹸のピンクと青(水色、ブルー)の色の違いが分からないので知りたいと思っている。顔のニキビには緑のコラージュフルフル ホイップソープを使いたい。どこで売っているのかについても知りたい。

ニキビ肌

2024/5/11

コラージュフルフル ピンク・青・緑の色の違いは?

コラージュフルフルが気になっているけれど、ピンクや青(水色、ブルー)、最近は緑も出てきて、色の違いがわからない!とお悩みの方も多いですよね。 この記事では、コラージュフルフル 泡石鹸のピンクと青の色の違い、そして最近発売された緑のコラージュフルフルについても、配合成分や効果の違い、使うべき対象や部位など3つの色の違いを、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者がわかりやすくまとめてご紹介します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コラージュフルフルの3つの色の違い コラージュフルフルといえば、有効成 ...

ReadMore

グリコール酸、乳酸と同じAHA(α-ヒドロキシ酸)の仲間として知られるコハク酸(succinic acid)のフルーツ酸のイメージ画像。コハク酸の肌への効果をまとめて勉強するノートが置いてある。

ニキビ肌

2024/4/26

コハク酸はニキビに効く?肌への効果まとめ

最近密かに話題になっているコハク酸。 海外ではすでに人気急上昇の成分です。 そんなコハク酸、従来のピーリング作用以外にもニキビの原因菌であるアクネ菌に対する効果がわかってきました。 この記事では、ニキビケアにおすすめの成分「コハク酸」について、元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 コハク酸の肌への3つの効果 コハク酸は、動植物界に広く含まれている有機酸で、天然では琥珀に含まれています。 有機酸というと難しく聞こえますが、「フルーツ酸(AHA)」 ...

ReadMore

頬やおでこ、フェイスラインなどのニキビ、吹き出物、毛穴、乾燥、シミ、くすみ、テカリ、敏感肌に悩むアラサー(20代、30代)の女性のイメージ写真。

スキンケア ニキビ肌 敏感肌

2024/4/22

アラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」だった?!解決法とは

30歳前後は、昼は仕事、夜はスポーツに推し活…と大忙しで生活は不規則になりがち。 アラサーの肌はそんな不規則さの影響を受け、肌荒れに悩む方も多いでしょう。 そんなアラサーの肌荒れの原因は「皮脂の質」。 皮脂というと脂っぽさを想像しがちですが、量だけでなくその成分の比率、つまり「質」が肌荒れに影響することがわかってきました。 この記事では、アラサーの肌荒れの原因やその対策方法について元化粧品メーカー研究員・薬剤師の筆者が徹底解説します。 本ページはプロモーションが含まれています。 アラサーの肌悩み 20代3 ...

ReadMore

背中ニキビに悩む女性が背中ニキビを治すために、抗真菌成分であるミコナゾール硝酸塩配合のコラージュフルフル 泡石鹸で身体を洗っているイメージ写真。

ニキビ肌

2024/4/12

【薬剤師監修】背中ニキビを撃退!コラージュフルフルの実力

背中ニキビはなかなか治りにくいという悩みを抱える方も多いですよね。 実は背中ニキビは2種類あり、顔のニキビとはその原因が違う場合もあります。そのため間違ったケア方法が背中ニキビを治りにくくしてしまっているかもしれません。 そんな背中ニキビに効果的なケア方法として注目されているのが、コラージュフルフルです。原因が異なる2種類のどちらの背中ニキビもケアできるのが最大の特徴です。 この記事では、コラージュフルフルが背中ニキビにどのような効果をもたらすのか、そのおすすめの理由や使い方などを元化粧品メーカー研究員・ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

コスメ管理人

元化粧品メーカー研究員、現役薬剤師| 日本化粧品検定1級2級|日本コスメティック協会 コスメマイスター&スキンケアマイスター|日本フェムテック協会 認定フェムテックエクスパート |10年以上化粧品開発に携わった経験から、本当に肌に良い化粧品についてお伝えします。

-敏感肌, 日焼け止め
-, ,